夏バテ!食欲がわかない!?に打ち勝つには、さっぱりした料理でUP!

体調
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-08-10 | by biken

夏になると食欲は、減退しますね! 逆に増す方もいるかもしれませんが、減退することは夏バテと言われる症状になってしまったことです。

脳の視床下部が食欲を管理する臓器ですが空腹感を起こすと言われる摂食中枢と満腹中枢の調節によって空腹感や満腹感を感じると言います。

夏には、料理を工夫してでも食べなければ栄養が不足しもっと体調不良が起きるとも言われます。

夏バテになる主な要因とは?

・自律神経の乱れ

・胃腸の働きの悪化

・水分不足

だいたい上記が主な原因と言われています。

夏バテを感じたら、食べ物・飲み物で補う必要があります。

夏バテに良い食べ物は?

どんな食べ物よいのでしょうか。

 

5aaa7bf460868a2798ec41e06afba12d_s

食欲が進む演出をしませんか!?アイスクリームや味が濃く塩分が豊富な物では体を冷やし、水分が塩分により多く排泄されてしまい脱水や冷たい物が臓器を冷やし稼働しなくなります。

これでは、体調を悪くすことになります。冷たい物や体を冷やす素材ではいけません。食材は、常温でも味付けや調味料などを工夫することが重要です。

目で涼しさを感じましょう。氷や水、緑の葉などを食材に飾るなどいいかも知れません。

557f46f7e24ed8fff1205746510489d8_s

また、水色のクロステーブルや竹で作られた箸置きなどいかがですか。

味も酢などを使ったさっぱりとした物。肉類も温かい物ではなく豚肉のしゃぶしゃぶで胡麻はお子さんや大人は、ポン酢などで食欲を増してください。

ちょっとアクセントにカラシや七味などを入れるのも手ですよ。

夏は、やっぱり、そうめんや冷や麦など炭水化物にかたよってしまいがちですね。

魚、肉、大豆、野菜、などを取り入れて、バランスよい料理を食べることが大切ですね。

冷たいものばかりだと、どうしても胃腸の働きを悪くする恐れがありますので、夏でも

意識して暖かいものを食べるように、心がけてください。

 

飲み物でも栄養補給を!

・レモン

レモンは果物の中でも、ビタミンCにクエン酸などの成分が豊富に含まれているため、

疲労回復に効果を発揮します。

絞ったレモンとはちみつと炭酸と混ぜて飲むと、スパークリングレモンの出来上がり

すっきりとした口当たりでほんのり甘酸っぱい味わいを楽しめます。

 

・スポーツドリンク

スポーツドリンクは、ミネラルを補充できますので水とは違い、暑さで失われた汗を体内に必要な栄養素を補ってくれます。
汗をかいた後はスポーツドリンクがおすすめです。

・トマトジュース

トマトには、リコピンが多く含まれていて、疲労回復に効果のあるクエン酸、体温の機能を調整するカリウムなど、また、各種ビタミンが豊富に含まれています。今は、コンビニなどで手軽に買えるので簡単に飲むことができます。

・甘酒 

甘酒にはビタミンB1、B2、B6、ブドウ糖、葉酸などの、胃腸の働きを整える必須アミノ酸など豊富に含まれています。昔から「飲む点滴」とも言われていて豊富な栄養素が含まれています。疲労回復に抜群に発揮します。

・栄養ドリンク


栄養ドリンクは疲労回復に役立つ栄養素が多く含まれているため、人によっては速攻で効果を発揮する場合があります。効き目が良い分、飲みすぎには注意が必要です。1日1本を目安に飲んでください。

 

まとめ

夏バテになる理由は他にも

・運動不足
・寝不足
・不規則な食事
・生活習慣
・ストレス

など上げられますが、そうならないためにも普段の生活習慣が大切ですね!バランスの取れた食事と毎日の生活習慣を心がけてください。

よろしければシェアをお願いします!!