夏バテが起こるのは夏ならではの食生活のせい?正しい夏の食生活とは?

体調
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-05-30 | by biken

暑い夏は、冷たい食べ物や食事がとても美味しく感じる季節です。暑さに耐え切れずに、夏バテしないためにと、ついつい冷たいものを食べたり飲んだりしてしまう方も多いのではないのでしょうか。しかし、実は冷たいものは体には悪影響を及ぼしてしまうのです。このように日常的な私たちの食生活が夏バテを引き起こしやすくしてしまうことがあります。今回は夏バテを防止する食事や飲み物、睡眠などの生活習慣を紹介していきます。

冷たいものは体に良くない?その原因は

夏の暑さによって、ついつい冷たい水やジュース、ビールなどの飲み物をがぶがぶと飲んでしまう方は多いでしょう。一杯だけでも冷たい飲み物を飲むことによって一気に爽快感を得ることができリフレッシュできます。しかし、実は体には良くないことが多いのです。冷たい飲み物や食べ物は胃から腸までの全ての器官を冷やし循環を悪くしてしまい体に悪影響を与えます。とくに胃腸の冷えは下痢や便秘といった排泄によるトラブルを招いてしまい、直接的にダメージを受けてしまいます。

特に夏だと、アイスクリームやかき氷など冷たくて甘い食べ物を求めてしまいます。甘いものには砂糖が多く含まれていますが、砂糖を摂りすぎると砂糖の代謝にビタミンB群が含まれているのでビタミンB群が不足してしまいます。また、砂糖を摂りすぎてしまうと疲労感やイライラ集中力の低下や夏バテになりやすい体を作ってしまいます。

体のために、冷すのではなく温めることが大切ですが、どうしても夏に冷たくて甘いものを食べたいのならば、夏バテ防止対策のためにも量を減らすことや、一気に食べるのではなく少しずつ食べることに注意しましょう。

夏だからこそ、温かい料理がおすすめ!

暑い夏だからこそ、鍋やラーメン天ぷらそばなど思いっきり汗をかきながら食べる方もいますが、実は夏に温かいものを食べることには夏バテ防止対策へのメリットがたくさんあるのです。

まず、温かいものを食べると、体が反応して体温が上がり体温を調節するために汗をかきます。汗を掻くことによって体温調節ができるので体内の熱を放出してくれる役割があるのです。夏バテの原因としてあげられるのが、クーラーや冷たい食べ物ばかり食べることによる冷えが起こり体内の代謝が悪くなることが原因です。寒暖差によって自律神経が乱れてしまいます。よって、温かいものを食べることは、体内(内臓)を温めて汗を促進し、体内の熱を放出してくれるので、夏バテ防止に効果が期待できます。

また、汗をかくことでしっかりとした睡眠をとることも出来るでしょう。

例えば、生活習慣として朝温かいスープやコーヒーを飲んで体を温めるのは気分も安らぐのでおすすめです。また、温野菜や鍋など栄養素の高いものだと、夏の弱った体にたくさんの栄養を与えられるので、より効果的です。

夏バテを起こしやすい方には、夏だからこそぜひ温かいものを食べ夏バテ防止に励んでいただきたいです。

夏バテ防止には温かいもので汗を出そう!

まず、温かいものを食べると、体が反応して体温が上がり体温を調節するために汗をかきます。汗を掻くことによって体温調節ができるので体内の熱を放出してくれる役割があるのです。夏バテの原因としてあげられるのが、クーラーや冷たい食べ物ばかり食べることによる冷えが起こり体内の代謝が悪くなることが原因です。寒暖差によって自律神経が乱れてしまいます。よって、温かいものを食べることは、体内(内臓)を温めて汗を促進し、体内の熱を放出してくれるので、夏バテ防止に効果が期待できます。

例えば、生活習慣として朝温かいスープやコーヒーを飲んで体を温めるのは気分も安らぐのでおすすめです。また、温野菜や鍋など栄養素の高いものだと、夏の弱った体にたくさんの栄養を与えられるので、より効果的です。

夏だからこそぜひ温かいものを食べましょう

夏バテ防止には、食生活は大きく影響していることがわかりました。冷たいものを食べるのではなく、夏といえどもできるだけ温かいものを食べるよう心がけて夏バテに強い体を作りましょう。

よろしければシェアをお願いします!!