季節の変わり目と自律神経の乱れ、その対処方法とは?

体調
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-10-31 | by biken

季節の変わり目は、自律神経に厳しいです!

jiritsu-1

最近、寒くなりましたね!と声が聞こえたり、今日は◯月ぐらいの暑さが戻りますと環境変化が激しいです。

いつ、本当の季節がやってくるのか?と身体がもちません。 こんな季節のめまぐるしい変化に身体はどう対応すればいいのか、季節変化に伴う自律神経の症状、対処法についてご紹介いいたします。

 jiritsu-1

#自律神経は、繊細です。

もう!毎日朝、昼、夜の寒暖差が激しくたまりません。どんな服装していればいいのかわからずにいます。日本の気候は四季がありますが、最近は気候も昔と違い乱雑にやってきます。 私達の身体は最近の気候には耐えきれず、自律神経のみだれから体調不良を起こしやすくなります。これが、自律神経失調症です。

自律神経には、日中や活動時に働く交感神経と夜間やリラックス時に働く副交感神経になります。

これらの神経は、体温・発汗の調整、呼吸、循環、代謝などの作用を動かしています。激しい寒暖差は、体温や発汗の調整がうまくとれずに交感神経と副交感神経のバランスが崩れる自律神経の乱れが引き起こされます。

ストレスや生活のリズムの乱れや睡眠不足、ホルモンの影響も関連し自律神経が乱れることもありますので、気をつけて下さい。 jiritsu-1

#自律神経でおこる体調不良の症状

1)頭痛

頭痛には、いくつかの種類があります。頭全体か偏頭痛なのか、刺すような痛み、締め付けるような痛み、頭が重い感じがするなどと様々です。

頭痛は、軽い頭痛から思い病状が隠れているサインです。痛みや重い感じがすることが長く続く場合は、医師の受診を勧めます。決して安易に考えないでください。

2)めまい、耳鳴り

寒暖の差がでてくる時期には気圧の関係や耳の疾患によりめまいなどを起こすこともあるようです。

あ!なんかおかしいなと思ったら、仕事の途中でも休むことを勧めます。めまい、耳鳴りは症状が一旦済んでも次の症状が訪れる事があります。めまいについて最初にお話しいたします。

●めまい

目まいには、いくつかの種類があります。 回転性めまい 天井や目に見えている風景がぐるぐると回っているように見えるのです。周囲がまわるのと自分自身が回るように見える、2種類があります。これらは、耳の病気から起こることが多いといいます。

これらのめまいは突発的に起こり一定期間で消えてしまいます。 突発的に起こり一定期間で消えてしまうためこのめまいは、突発性一過性のめまいであることが言われています。 浮動性めまい 身体がフワフワする感じがしてまっすぐに歩けなくなるような症状がでます。

フワフワといっても色々と思いつかれるでしょうから船に乗っているような感じと言った方がいいと思います。

このめまいは、医師の診察が必要となるケースがあります。頭痛、手足のしびれ、運動麻痺などんの神経に関わる症状を伴うことがあるそうです。気を付けて下さい。 jiritsu-1

たちくらみ 立ち上がろうとしたときに、めまいのような症状があったり急に目の前が真っ暗になる たちくらみがあります。

医学用語で、眼前暗黒感といいます。めまいとは異なります。 立ちくらみは、血圧が急激に急降下することで意識が遠くなったり、失神する可能性もあります。

●耳鳴り

耳鳴りの原因は、耳の病気が主訴になりますが、すべてではなく日常的なストレスや天気により発症することもあります。ストレスが耳鳴りの原因となるのは過度なストレスにより自律神経の乱れがでて起こることです。

ストレスがかかると、交感神経だけが過度に働き優位になると血圧の上昇、血流の増加により耳鳴りが発生しやすくなると言われています。 jiritsu-1

#完治するには!

めまいも、耳鳴りも完治するには、症状によりですが医師の判断が必要です。

専門医の判断で症状を和らげる方法を取ります。

・目まいの場合

:抗めまい薬、末梢循環改善薬、ステロイド薬、抗不安薬、制吐薬などを使うと言われています。

メニエール病では、薬物療法で改善しない場合は手術を行う事があります

・耳鳴りの場合

:ビタミン剤、末梢循環改善薬、抗不安薬、睡眠導入剤などです。

原因となる病気(メニエール病、突発性難聴、中耳炎等)が診断されている場合その病気に対応した治療が行われる。 jiritsu-1

#生活習慣で気をつける事

1) 疲労やストレスをためない

:疲労や睡眠不足、過度なストレスによることでめまいや耳鳴りは起こる可能性があります。

2) 血行を改善する。

:耳の中の血液や全身の血液の循環をよくすることが大切です。

3) ビタミンB12の摂取

:末梢神経の代謝を改善する作用があります。耳鳴りやめまいの治療薬として使われます。貝類(あさり、しじみ、かき)青背の魚(いわし、さんま、かつお)、レバーに多く含まれているといいます。

#まとめ

めまいや耳鳴りは、病気からなるものと過度のストレスからなるものがあります。単なる疲れと思わず少しでも変だと思えば専門医の受診をお薦めしています。絶対に、個人で決めないでください。

よろしければシェアをお願いします!!