体調

食前酒は、夏バテ予防に効果あり! 多量のお酒は夏バテになります!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真夏に、冷たいビールは快適ですよね! おいしい料理や塩が降ってあるえだまめなんて贅沢三昧でしょう。

ひとによっては、これがたまらないと自宅でも昼から召し上がる方が多いです。 ビール以外にも冷えた日本酒に和食があいますね。

ただ今日は、休みだからと朝からのみだしたりしてはいけません。 アルコールは、水分を体の外に排泄してしまう確率が高いと言えます。

bc541aa9e4cf9c70ec70dd37e10355b3_s

そこへ、きちんとした食事を食べられるならいいのですが、おつまみのような塩分が高い料理は多くの水分を外に出してしまい脱水症状が起こり夏バテとなります。  

休みの日に、昼間からビールや日本酒???OKです。 え?さっきダメって? 多量のお酒と少量のおつまみではだめです。 食事のひとつとして飲まれてください。 どんな風に? 料亭や旅館などの料理を思い浮かべてください。

旅番組(テレビ東京)などでも紹介されますが、お酒と料理をだされています。 板前さんやコックさんはお酒と一緒に食べられる料理を考えて出されています。 悪酔いしない以外は、お酒も料理のひとつです。

d56712de89c446a363ab62d1458cfa0d_s  

お酒も料理のひとつ!とお話しいたしました。 海外などでは、食前酒という考え方があります。 炭酸水が入っているお酒は胃を適度に刺激し胃の活動を活発にします。

酸味の多いお酒(梅酒など)は、唾液の分泌を促して食べ物の消化をよくします。 こんな食事のアイデアもいかがでしょうか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。