体調

夏の倦怠感は、夏の過ごし方! 日常生活から起こること! 注意して!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の暑い時期、倦怠感やだるさがある場合は、水分のの補給は、していますか?

自律神経の乱れにより脱水症状が起きている可能性があります。

汗を大量にかいていても水分を飲まない方がいます。 実は、血管内でも水分がないため血管内の水分が足りなくなります。 このことにより血液は、どろどろとなりこれにより心臓に血液が向かわず倦怠感が起きると言われます。

8f18a88882ae3949cd83766bcf8d72b6_s

日本は、四季がある国です。

湿気もあり夏の高温多湿が続く時期もあります。 女性など化粧や美容で汗の出口が詰まる事が多く詰まるケースがあります。

発汗が困難になると体温調節がうまくいかなくなります。 体が熱くなり体温の調節ができずにのぼせの状態になります。

夏の化粧は、控え目が良いかと思います。

2c173270168f69e56963efa4b91abf05_s

一時問題になりましたが、高齢者が真夏に家に閉じこもり窓などを締め切り、トイレが近くなるからと水分も取らず熱いのは自分の鍛錬が弱いと熱中症で亡くなる方がいらっしゃいました。

若くても色々と我慢をしなくてはならない社会ですが、熱帯夜だからといって熱気が悪く、眠りが浅くなる事があると思います。

睡眠不足が続けば1日の疲労が回復せず夏バテを引き起こします。  

まとめ:

夏は、とにかく熱く夜も家に中に熱がこもり真夜中でも熱中症になるケースがあります。

エアコンの活用はタイマーなどをし寝る前に水分を摂取してから休まれてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。