「お腹!冷えていませんか?便秘は深部体温を冷やす基になります」

体調
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-03-28 | by biken

深部体温と言う言葉を知っていますか?

人間のお腹、腸の辺りの温度をさします。よく、医療ドラマなどで出てくると思います。 手術などで、主人公が「体温何度?」と聞くシーンがありますが、人間の体内の中心の温度のこと、それが深部体温のことなのです。 

深部体温は、血流や自律神経の異常信号

人が起床してから11時間後が最も温度が高くなります。そして22時間後の最も温度が低くなり、温度が高い時は元気で、低くなると眠気がきます。

末端や表層が冷えると血管が開いてなくて、体内に熱がこもってしまいます。よく手足が冷えて眠れないという方は、体の深部の熱が体外に放出せず、下がらないのが原因で眠れないのです。

眠りにつくためには深部体温を下げた状態でないといけないので、身体を温めることが大切なのです。

えっ?!体温を下げるのに温めるの? と思われているかも知れませんが、「人間の身体は、温めると一旦下げようとする働きをするのです。」そういう、働きを理解して、体温調整を行うことが大切です。

お風呂の温度も熱すぎず、38℃~40℃位の温度で、ゆっくりと身体を温めるとよいでしょう。

一旦温度が上昇し、下がるタイミングで、寝ることにより、理想の睡眠をとることができるでしょう。

血液がどろどろだったり、何らかの理由により毛細血管がふさがると徐々に深部体温が下がる可能性があります。

言わいる冷えです。身体が冷えれば内臓の動きが低下し関節などの痛みもでてきます。また、筋肉の委縮により打撲や、骨折の可能性もあります。

深部体温を下がらないようにするには!

やはり健康維持です。

適度な運動や暴飲暴食など身体に負担がかかると老廃物が身体にたまり深部体温は低下します。冷たい物をとりすぎるのも禁物です。また代謝ができなくなり太る傾向にでます。 日頃、排便までも気をつけてください。

便秘ぎみならお腹を温めて見ると少しだけでも腸が動く可能性がでてきます。排便が溜まるとお腹の冷えとなり深部体温が下がります。 

まとめ

体温は、結構体調不良を見極めるデーターには体温は重要なデーターになります。 深部体温は、あまり知られてはいませんが重要な身体のデーターを示しています。     

よろしければシェアをお願いします!!