冷たいドリンクの飲み過ぎは危険?

健康
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-06-09 | by biken

暑い夏の対処法は、熱中症なども考えて「水分の補給が一番」と思いますよね。 しかも当然、熱いものよりは涼しく感じる冷たいドリンクが嬉しい。 だからと言って、飲み過ぎは美容や健康には絶対に悪いようです。 冷たいドリンクの飲み過ぎは危険?

夏になると、決まってニュースになる「熱中症」。 こまめな水分補給と、生活習慣に気をつけて、体調や体質も考えた行動をすることが大事です。 そして見逃せない原因のひとつに、「冷たいドリンクの飲み過ぎ」があげられます。

冷たいドリンクは身体を冷やしてくれ、快適な行動がとれる素晴らしい飲み物だと思っていませんか。 だって、生ぬるいドリンクなんて爽快感ゼロ、気分良くはならないでしょう。 家から持参する飲み物より、自販機で買うギンギンに冷えた飲み物の方が魅力的なのは、考えるまでもなくそうだといえます。 でも、冷たいドリンクの取り過ぎは、身体を冷やし、そして身体内部の内臓まで冷やし過ぎてしまいます。

PPP_kooridehietaramune_TP_V

その結果体温は低下し、免疫力も下がってしまうのだそう。 夏風邪や不眠、食欲不振、だるさ、生理不順などの不調を招いてしまいます。 夏バテの原因は冷たいドリンク? 暑ければ暑いほど、冷たいドリンクは美味しく感じられますし、飲まずには居られません。 氷点下に飲み物を冷やすグラスなとせも発売されているほどです。

でも、冷たい飲みものとりすぎは「身体の冷え」を引き起こし、体調不良・夏バテを引き起こす原因にもなるのです。 冷えによる血流の悪さが原因とのことですが、冬場の凍死状態も血流が滞って起こるのですから、言いすぎかもしれませんがメカニズムは少し似ています。 栄養素や酸素がうまく身体中に回らなくなることで、肩こりや腰痛なども起しやすくなります。

血流の悪化は、体温の調節にも変調をきたして消化不良にもなります。 胃腸の働きの低下にともなって全身に栄養が行き届かず、「体力の低下」も起こりますから「夏バテコース」に突入ということになってしまいます。 美容と健康の大敵も冷たいドリンク?

background-2315558_640

夏のドリンクは冷たいものと決まっていましたが、最近では「常温のドリンク」の自販機販売も増えつつあるようです。 職場も車中も冷房が効き過ぎている現在、冷たいドリンクの飲み過ぎにプラスして冷房の効き過ぎも女性には大敵です。 身体が冷えるということは、内蔵も冷えていることですから「血行不良」になります。

そして「便秘や下痢」「胃炎」「代謝の低下」などにもつながります。 「血行不良」は、肌の乾燥やくすみなどの肌のトラブルの原因です。 AI_IMG_7769_TP_V

冷えた身体は、水分代謝の悪化で「むくみ」やすくもなります。 さらに、代謝不足で太りやすい体にもなってしまうとか。 えーっ、それは大変、とっても困ると思った人、常温ドリンクの設置に感謝ですね。 冷房と冷たいドリンクで、絶え間なく暑さと冷たさの間で右往左往している間に、自律神経に乱れが起こってしまうこともあります。

「頭痛・肩こり」「便秘や下痢」「胃腸のトラブル」「生理不順」「低血圧・低体温」様々な体調不良の原因にもなってしまいますよ。

よろしければシェアをお願いします!!