夏バテ対策に!乗り切りたい夏の疲れに「酢」のパワー

ダイエット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-08-09 | by biken

夏の暑さにやられて食欲不振や体調不良に陥ってしまう夏バテですが、ある食品の力で解消することができます。それはなんと一般のご家庭にもある「酢」なのです!今回はそんな夏バテにもってこいの「酢」の効果についてまとめていきます。

夏バテの原因って?その原因について知っていこう

みなさんは夏バテになったことはありますでしょうか?夏バテとは暑さによる血圧上昇がもたらす食欲不振や汗をかくことによる血流悪化による体調不良などの症状を指し、疲労感なども伴い、うまく栄養や休養をとることができなければ体がだるい日々が続いてしまうこともあります。

夏バテは気温が上昇し始める7月~8月が多いと思われがちですが、気温が上昇する前の56月にも十分危険性があります。56月には雨が多く湿気でじめじめした毎日が続き早めの夏バテを迎える方もいますが、楽しい夏を迎えるためにはこの夏バテを避けることが重要になってきます。そこで、夏バテに効果的な「酢」の摂取をおすすめします。この夏バテを解消するためにはどのように「酢」を摂取していけばよいのか、まずは「酢」の効果を知っていきましょう。

知ってる?夏バテもやっつける「酢」のパワー

9V9A6439_TP_V

あなたのご自宅にもあるでしょう「酢」に秘められた力はご存知でしょうか?ここでは酢の効果について詳しく紹介していきます。酢のイメージと言えば「酸っぱい」というのが一番に思い浮かぶと思いますが、この酸っぱさの正体である「クエン酸」が夏バテにとても効果的なのです。

このクエン酸は血圧上昇を抑えることや、血流の流れをよくする働きを持っているため先ほど挙げた「食欲不振」「体調不良」という夏バテの症状を解消してくれます。また、疲労回復効果も持っているため夏バテによる疲労も酢を摂取することで回復させることができます。気温上昇によって夏バテになりかけたタイミングで酢を摂取することが体調を整えることにもつながりますし、夏バテになってしまった後でも酢の効果で体調を改善することができるため、この酢の効果は知っていて損はありません。それではこのすごい力を持っている酢を摂取する方法を紹介します。

食べる?飲む?酢の摂取方法を紹介!

SAWA_hotsarada_TP_V

夏バテの原因と酢の効果を知っていただいたところで、今度は酢の摂取方法を紹介していきます。酢の摂取方法は大きく分けて2つで料理に入れるか飲むかです。普段酢を使って味付けしている酢豚や酢の物の酢の量を増やしたり、意図的に食卓に出したり、普段は酢を使っていない料理に入れてみたりと様々な方法で酢を口に入れることができます。

また日本で「酢」といえば酢飯や酢の物に使われている米酢が有名ですが、それ以外にも黒酢やバルサミコ酢など、酢にはたくさんの種類があります。酢を飲もうと思ったとき、米酢を飲むのは「酸っぱすぎる」「もっと楽に酢を飲みたい」という方には黒酢やリンゴ酢などの果実酒を飲むことをおすすめします。

脂肪燃焼効果や基礎代謝を上げる効果を持っている酢ですから、飲むことでダイエットにも夏バテにもなり一石二鳥です。夏の味覚は酸味というように、体が求めている「酸っぱいもの」を自分にあった形で摂取していきましょう。

酢で夏バテも怖くない!ダイエット効果で目指せすっきりボディ!

今回は夏バテに効果的な酢の力や種類、摂取方法について紹介しました。今まで料理に入れることでしか酢を摂取していなかった方は、ぜひ直接飲んでその酸味と栄養を体内に取り入れ元気に楽しく夏を過ごしていただきたいです。夏バテを恐れず生き生きとした夏をお過ごしください!

 

よろしければシェアをお願いします!!