時間がない・運動もイヤ!でも3kg痩せたい人にオススメな楽らくダイエット3選

ダイエット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-04-03 | by biken

少し太ってしまったから、ダイエットに挑戦したいけれど、

仕事が忙しくて時間がない……

運動も苦手だから、運動ナシで痩せたい!

お金も時間も労力もかけずに、楽して痩せたい!!!

と、思っている方もいらっしゃるでしょう。

楽して痩せられるダイエット方法なんてないかと落胆する前に、この記事で紹介するダイエット方法を試してみませんか?

ちょっとデブになったと思ったら試したい!3つの楽らくダイエット方法

ちょっと太ってしまったから、2~3kg痩せたい!

お盆休みやお正月休み。Xmasなどイベントがあるたびに、食べすぎてしまって1週間で2~3kg太ってしまうなんてこと、ありませんか?

たかが2~3kg。されど2~3kg。

「ま、ダイエットは今度でいいか!」と思っていると……

1年前より10kgも太っちゃったなんて結果を招くことだってあるのです。

一時的な増量は、少しの我慢。少しの努力。少しの運動で、面倒くさがり屋さんでも痩せられるダイエット方法で解消するべし!

ちょっとだけ太ってしまったという人に試してほしい、3つのダイエット方法を紹介しましょう。

運動が苦手な人にオススメしたい!有酸素運動とスクワット!

さて、ダイエットの基本といえば、摂取カロリーより消費カロリーを増やして、余分な脂肪を燃焼すること。

消費カロリーを増やすために運動を取り入れたいところですが、どんな運動をすればいいのでしょうか?

▼有酸素運動で脂肪を効率よく燃やす!スロージョギング

運動が苦手だという人にも、そうでない人にもオススメしたいのが、 スロージョギングです。スロージョギングはその名の通りゆっくりとしたジョギング

スロージョギングは、ウオーキングより少し早い速度で。 ジョギングよりも少し遅い速度で、1日20~30分ほど行いましょう。

脂肪を効率よく燃焼できる有酸素運動に分類されていて、ウオーキングよりも脂肪を燃焼させやすく、マラソンよりも足腰を酷使しないため、運動が苦手な人も、高齢者の方も「少しキツくて、少しラク」なスロージョギングは継続しやすいと人気を集めているのです。

また、スロージョギングでもキツさを感じたり、時間がなかったりするなら、ウォーキングでも大丈夫!

スロージョギングほどの脂肪燃焼は望めませんが、腸に刺激が与えられるので、便秘解消につながりますよ。

gahag-0003469202-1

▼仕事が忙しくて時間がないという人にスクワットダイエット!

帰宅時間が遅い方にはお金も時間もかけず、室内でできるスクワットダイエットがオススメです。

スクワットダイエットは、太ももの大きな筋肉を鍛えることで筋力がアップし、それにともない新陳代謝量が増えたり、お尻の引き締め効果が期待できると言われています。

足だけを鍛えるイメージがあるものの、お腹のインナーマッスルも鍛えられるので、美しい身体のライン作りを目指せるのです。

ダイエットをしよう!と意気込むと、ついついキツ~イ運動を取り入れてしまいますが、ダイエットを成功のコツは「継続力」。

いきなり激しい運動をはじめると、次の日の仕事に差しさわったり、挫折しやすくなったりするので、最初はできそうな運動からはじめてみましょう。

食物繊維(難消化性デキストリン)を食事に取り入れよう

食物繊維が不足しがちと言われている日本人。

食物繊維は、便秘解消に良いとされているのは周知の事実。

また、食物繊維は腸で膨らむので、満腹感を得られやすく暴飲暴食を防ぐ効果も期待できます。

けれど野菜が苦手だったり、仕事が忙しく自炊ができなかったりする人にとっては、食品から食物繊維を摂取することは、なかなか難しいですよね。

そこで試してほしいのが難消化性デキストリンです。

難消化性デキストリンは、人間が調製した「水溶性食物繊維」。

粉末状となって販売されているので、飲み物に溶かして摂取するだけで気軽に食物繊維を補えるのです。

腸内に老廃物が蓄積すると、血流の循環が悪くなり新陳代謝が低下すると言われています。

便秘を解消して新陳代謝をアップさせ燃焼しやすい体を作るためにも、

いつもよりカロリーの少ない食事で満腹感を得るためにも、

難消化性デキストリンで食物繊維を摂取してみましょう!

※ただし難消化性デキストリンを摂取するとお腹がゆるくなってしまう方もいるので、少量からお試しください

食べる順番に気をつけて我慢・ストレスの少ない楽らくダイエットを

ダイエットといえば、カロリーの高い揚げ物やスイーツをひたすら我慢して……という、我慢やストレスのイメージが強いですよね。

カロリー計算も念入りに行っている人もいるのではないでしょうか?

けれど、カロリーを計算する前に、ちょっと待った!

食べる順番は意識しているでしょうか?

痩せたい人にオススメしたい食べる順番が以下の通りです。

野菜(食物繊維) → たんぱく質 → 炭水化物(糖質)

たとえば定食を食べるときは、サラダ→汁物→魚や肉などのおかず→ごはんの順番で食べるということ。

食べる順番を野菜から。さいごに口に入るのが炭水化物(糖質)にすれば、血糖値の急激な上昇を抑えられるます。

難消化性デキストリンを食事前に摂取することをオススメするのも、このメカニズムが理由です。

お米やパン、麺類など糖質を食べすぎたり、空腹時にいきなり糖質から摂取したりすると、インスリンが過剰分泌され、余ったブドウ糖が余分な脂肪の原因につながります。

消費カロリー・摂取カロリーのバランスも大切ですが、賢く・なるべくラクにダイエットしたいのであれば、血糖値も欠かせないポイント。

まとめ

楽して痩せたい願望は誰だって抱いているもの。

しかし、ダイエットはじっくり、時間をかけて、継続していかなければ、満足できる成果が得られません。

理想の体型を手に入れるためにも、できることからムリせず少しずつ!

・脂肪燃焼効率のいい有酸素運動(スロージョギング)
・室内ででき、インナーマッスルも鍛えられるスクワット
・難消化性デキストリンを取り入れる
・食べる順番を気をつける

今回紹介した、このダイエット方法を取り入れて、あなたもストレスフリーなダイエットをはじめてみませんか?

よろしければシェアをお願いします!!