ぽっこりお腹の原因は、肥満、加齢、病気、出産と女性特有の症状です

ダイエット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-06-06 | by biken

手足や顔は細いのに、お腹だけがぽっこり、、、そんな悩みを持つ女性の方も少なくないのではないでしょうか。

ぽっこりお腹は女性特有の悩みと言っても良いくらい女性に多い悩みです。

せっかく手足は細く出来たのに、どうしてもお腹だけは改善できない。そんな悩みを抱える方に、今回はぽっこりお腹になる原因や対策方法などをご紹介していきます。

ぽっこりお腹の悩みにさよならしていきましょう!

ぽっこりお腹になる原因とは

OMG150918060I9A6422_TP_V

ぽっこりお腹になる原因は、「肥満」「加齢」「病気」「出産」「骨盤のゆがみ」などが挙げられます。

肥満はそのままですが、太り過ぎにより脂肪がたまり、それがぽっこりお腹の原因になっています。

加齢についても、歳を重ねたことで脂肪や蓄積され、その結果ぽっこりお腹になっていることが殆どでしょう。

病気や出産によるぽっこりお腹は仕方のないことと言えます。

では、改善出来るタイプはどのようなタイプかというと、肥満や加齢によるタイプも改善できますが、骨盤のゆがみや腸内環境が原因によるものが挙げられます。

骨盤のゆがみによるぽっこりお腹の方は少なくなく、胃や腸などの内臓を支える骨盤が歪んでしまっていることで、ぽっかりお腹を生む原因になって言うこともあります。骨盤のゆがみは「寝る姿勢」「座り方」などから起こり、それが日常的に繰り返すことでゆがんだ骨盤になってしまい、その結果内蔵下垂を引き起こしてしまっている方も多いでしょう。

また、腸内環境が原因になっている方は、便秘が原因の場合があります。

便秘が解消されず体内にガスや便がたまることでぽっこりお腹を作ってしまっていることも考えられます。

ぽっこりお腹にならないための対策

Closeup of young woman with measure tape on white background

では、ぽっこりお腹にならないためにはどのような対策があるのでしょうか。

加齢については歳を重ねていくことは誰も止めることが出来ないため、肥満と合わせて考えると、普段の食生活や適度な運動などにより改善することが出来るでしょう。

一方、骨盤のゆがみに関しては、普段から改善できることが多く、普段から座るときに足を組んだりしないことや、寝るときの姿勢、バッグを持つときに常に同じ腕で持つようにしないなど、出来ることは沢山あります。

また、普段からストレッチをするなど、骨盤のゆがみは自分で改善できることも多くあり、今日からでも改善できると言えるでしょう。

体内から改善!腸内デトックス

骨盤のゆがみの改善や肥満対策以外に、腸内環境の改善による対策もあります。

便秘がちな人に多いぽっこりお腹は腸内環境の改善によって解消されることもあり、普段から便秘を解消していくことがぽっこりお腹の解消にもつながっていきます。

では、どのように腸内環境を改善していくことが出来るのでしょうか。

次のような改善方法があります。

・食物繊維を摂ること

食物繊維を多く摂ることは一般的に言われていることですが、食物繊維をしっかり摂ることで、たまっている便を出す手助けをしてくれます。

暴飲暴食せず、しっかりとした食生活を心掛けると良いでしょう。

・発酵食品を摂ること

腸内の悪玉菌を減らす作用として、発酵食品が良いと言われています。

発酵食品を多くとることで腸内環境の改善につながると考えられるでしょう。

・腸内デトックスをすること

腸内デトックスは前述した発酵食品を摂ることなどでも出来るものですが、お腹をマッサージすることや、朝起きて水を飲むことなどデトックスする方法は沢山あります。普段からデトックスを意識すると良いでしょう。

ぽっこりお腹を改善しましょう

ぽっこりお腹は改善できます。

普段からの食生活や行動の改善により骨盤のゆがみや腸内環境の改善をすることで、いままで悩んでいたぽっこりお腹とさよならしましょう。

よろしければシェアをお願いします!!