栄養を手軽に補給できる!酵素ドリンクの効果と作り方

ダイエット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-02-28 | by biken

20代中盤は、責任が重い仕事を任せられることも多くなって、美容や健康に気を使う暇もない日々を過ごしている人も多い時期です。

朝ごはんは食べずに、昼食と夕食は基本コンビニで買うという生活を続けていませんか?最近ではコンビニでもサラダや低カロリーな食品も販売されています。しかし、栄養のバランスを考えると「毎日コンビニご飯だとさすがに栄養不足かも…」と不安に感じてきている人も少なくないでしょう。

栄養バランスを考えない食生活を続けてきた結果「なんだか肌荒れやくすみが気になる…」と感じていませんか?その原因は栄養バランスの偏りや、酵素不足が原因かもしれません。酵素は体内の酵素は年齢とともに分泌量が減ってくるので、食事から摂取する必要があります。

ここでは、忙しい日々のなかで栄養を手軽にバランス良く摂取できる上に、美容効果も期待できる「酵素ドリンク」につい紹介します。

ダイエットにも美容にも効果あり?!酵素ドリンクとは

酵素ドリンクとは、酵素やビタミン・ミネラルを多く含んだ新鮮な生野菜(レタス、人参、トマト、セロリなど)や果物(パイナップル、りんごなど)を発酵させドリンクにしたり、スムージーにしたりして摂取しやすくしたものです。

酵素には基礎代謝を向上させ、痩せやすい体質に改善してくれたり、新陳代謝を良くして健康でハリ・ツヤのある肌に導いてくれる働きがあります。20代中盤ではそこまで酵素不足による肌の老化を感じることはないかもしれません。

しかし、年齢とともに確実に酵素の分泌量が減っています。30代になって後悔をしないように、酵素やビタミン・ミネラルを毎日の食事やサプリメントから摂取することはとても大切です。

もっと詳しく酵素の働きや効用について知りたい方は下記の記事をご覧ください。

酵素の効果について。なぜ痩せるの?酵素がダイエットに効果的な訳

もちろん、肌の調子を良くするには充分な睡眠や適度な運動、ストレスをできるだけ溜めないようにするということも必要です。そのようなことにも気を使ったうえで、酵素ドリンクで酵素やビタミンを積極的に摂取すると、よりアンチエイジンク効果や体質改善が期待できます。

酵素がダイエットや美容に効果があるワケについて、詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

酵素とは?酵素がダイエットや美容に必須なワケと酵素の働きについて

酵素ドリンクの種類と作り方

美容やダイエット効果も期待できる酵素ドリンクには、いくつか種類があります。ここでは、その中でも代表的な果物を発酵酵素ドリンクと、生野菜や果物をスムージーにした酵素スムージーの2種類を紹介します。

発酵酵素ドリンク

「酵素ドリンク」と聞いてこの発酵飲料の方を思い浮かべる人は多いでしょう。人参や青菜などの野菜やりんご、レモンなどの果物を、砂糖と一緒に瓶に入れて作ります。野菜や果物を、砂糖の浸透圧と材料の酵素で発酵させドリンクにするので、放置する7〜10日間の間は腐敗に注意しなければなりません。

発酵酵素ドリンクのレシピ

青菜や人参などを使ったレシピもありますが、今回は初めての方でも飲みやすく、比較的簡単に作れるレモンとりんごを使った発酵酵素ドリンクの作り方を紹介します。

  1. レモンとりんごの酵素ドリンク

    材料(2リットル分)

    ・レモン、りんご (合わせて600g)

    ・上白糖(660g)

    ・瓶

    ※無農薬の果物を使用するのがおすすめです。

    作り方

    1.瓶をきれいに洗い、熱湯消毒し充分に乾かします。

    2.レモン、りんごをきれいに洗って水気を拭き取ります。

    3.レモンを輪切りに、りんごは芯を取ってクシ型に薄くスライスします。

    4.乾いた瓶に砂糖を1/3の量入れて、一番下の層を作ります。

    5.レモンとりんごをそれぞれ1/3の量取って、先ほどつくった砂糖の層の上に入れます。

    6.この砂糖を入れて果物を入れる工程を3回繰り返して蓋をします。

    7.1日1回は瓶をかき混ぜ、1週間程度で完成します。

    ※毎日かき混ぜる工程を抜いてしまうと、腐敗してしまうことがあるので注意が必要です。

    ※砂糖は発酵する過程でブドウ糖や果糖に分解されます。最初は甘さを強く感じますが、完成する頃にはまろやかな味わいになり風味が増します。

  2. 砂糖なし!酵素グリーンスムージー

    栄養価が高くても「発酵させる酵素ドリンクは、砂糖の量が結構多くて気になる…」という人におすすめなのがこの酵素ドリンクです。スムージーにして摂取するので砂糖は使用せず、発酵さて作る酵素ドリンクより手軽です。

    材料

    グリーンスムージーは、発酵させる酵素ドリンクと違って失敗が少ないです。好きな野菜を自由に組み合わせてつくっても、ビタミン・ミネラルが豊富な果物が入ることで、フレッシュで美味しく仕上がります。

    ・お好みの野菜

    ・お好みの果物

    ・豆乳または牛乳 適量

    ※甘さが足りない場合は、はちみつを加えるか果物の量を増やしましょう。

    作り方

    用意した材料をミキサーにかけるだけで完成です。皮ごとだべられる果物や野菜は良く洗って、できるだけ皮ごとミキサーにかけましょう。バナナを入れると味もまろやかになる上に、便秘解消効果も期待できるのでおすすめです。

発酵させた酵素ドリンク、酵素スムージー、2種類とも「毎日となると材料を揃えるのが面倒…」と思った方も多いでしょう。そのような方にピッタリなのがサプリメントです。

最近では多くの酵素サプリメントが発売されていますが、数多くある酵素サプリメントの中でも「スリムサポート酵素α+」は277種類の熟成酵素を配合しています。 酵素以外にも代謝アップの効果がある成分が豊富に含まれているので、栄養補給だけではなくダイエットや美容効果も期待できます。

おすすめ酵素サプリ「スリムサポート酵素α+」の詳しい効果は下記の記事をご覧ください。

30 歳意識低い系 OL がダイエットを決意した日

酵素ドリンクで断食(ファスティング)する場合の注意点

「グリーンスムージーなら、満腹感もありそう」と、1日の食事を全て抜いてスムージーだけ摂取するというプチ断食をする人がいます。その中には間違ったやり方をして「なんだか肌荒れが悪化したし、乾燥が気になり始めた…」という事態に陥る方もいるので注意が必要です。

なぜスムージーには栄養が豊富なはずなのに、スムージーでプチ断食をして失敗するのでしょうか。それは、ダイエットのためにスムージーだけで1日過ごすと、噛む食事をする時と比べて、唾液の分泌量が減ることにあります。唾液の分泌量が減ると、消化酵素の分泌も減るので、スムージーに含まれるせっかくの栄養素が効率良く吸収させなくなってしまうのです。

 

おすすめのプチ断食のやり方は、朝または夜の食事のみ、酵素ドリンクに置き換えるというやり方です。そうすることで半日は固形物を食べないことになるので、潜在酵素を温存でき、老廃物を体の外へ出す働きが促進されると言われています。このやり方で食事必要は以上に抜かず、胃腸を休ませる程度にすると良いでしょう。

 

酵素ドリンクを自分で作るのが面倒な場合は、発酵させた酵素ドリンクやスムージーがスーパーに市販されていますし、通販でも買えます。自分にピッタリの酵素ドリンクを探したり、今回紹介した酵素ドリンクを作ったりしてハリ・ツヤのある健康的な肌を目指してみてはいかがでしょうか。

よろしければシェアをお願いします!!