酵素ダイエットで効果を最大限発揮するおすすめの食事方法は断食

ダイエット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-05-05 | by biken

最近話題になっている酵素ダイエット

ドリンクやサプリだけでなく玄米にもブレンドされている酵素は、種類豊富な成分です。

酵素ダイエットで効果を最大限発揮するには、断食(ファスティング)を定期的に行うのが最良の方法です。

ところが、本当に効果的な酵素ダイエットが出来ている人はごく少数…。

ダイエットの基本は、適切な方法で適量を摂取することです。

間違った酵素の摂り方をすると、副作用やリバウンドに苦しむことになりかねません。

断食の正しいやり方を理解し、酵素本来の効果を引き出すダイエット法を学びましょう。

酵素ダイエットで効果を発揮するのに断食がおすすめな理由

酵素を摂取しながらの方法に限らず、断食はダイエットに効果的です。

ファスティングをすることにより、腸内環境の改善が見込めます。

ダイエットを決意する女性の大半は、基礎代謝を上回るカロリーを摂取しているはず。

その分、食べ物の消化・吸収を行う大腸に負担がかかり、次第にぜん動運動が弱まります。

ぜん動運動が上手く行えないと、便秘体質になります。

腸内に蓄積された便のせいで体重は増加の一途を辿り、結果的に太るのです。

この悪循環を正し、腸内環境の改善に役立つのが断食。

断食をしている間に酵素を摂取することで、太りにくい体質になれます。

酵素ダイエットで効果を出し続ける断食のやり方

摂取した酵素をカラダが効率よく取り込むには、断食を定期的に行うのが肝心。

ただし、過度なファスティングは禁物です。

ファスティング初心者であれば、2~3日を1セットとするプチ断食がおすすめ。

出来るだけ早く痩せたいという女性もいますが、大切なのはコンスタントに続けること。

《断食中の酵素ドリンクの飲み方》

 

飲み方

用量

起き抜け一番に摂取

60ml

ランチタイムに水で割って飲む

45~60ml

夜眠る前に少量摂取

45ml

朝・昼・夜に分けて、断食中の酵素ドリンクの飲み方をご紹介しました。

このうち、起き抜けの状態で摂取する用量が一番多いことがわかりますね。

朝一番は大腸が活発な時間帯ですので、その分、摂取した酵素が吸収されやすいのです。

人間の体内で必須のタンパク質にあたる酵素は、栄養の行き渡りやすい時間帯に多く摂ることが大切です。

エネルギー消費の激しい昼間は、酵素ドリンクを水で割って飲むのがおすすめ。

断食特有の強烈な空腹感を和らげ、満腹中枢を高めます。

ただし、水の摂り過ぎで「水太り」をしないよう、ご注意ください。

カロリーのないミネラルウォーターでも、摂取した分だけ消費しないと太ります。

1日の終わりに、酵素ドリンクを摂取するのもダイエットや健康維持に効果的です。

最大45mlの用量を意識して飲みましょう。

夜は、日中に活力をもたらす交感神経が休まる時間帯です。

睡眠導入効果のある副交感神経が台頭する為、エネルギーは消費されにくくなります。

ダイエット向きとされる酵素ドリンクでも、糖分が配合されて飲みやすくなっている以上、夜に飲み過ぎて太らないように注意しましょう。

断食を開始する理想のタイミングは生理直後!

酵素ダイエットに励むべく断食を始めた女性は、少し待ってください。

ファスティングを開始した日は、ベストタイミングですか?

断食を始めるなら、卵胞期や排卵期と呼ばれる生理直後が理想的です。

目安としては、月経期の翌日からダイエットに取り組んでOK。

早く酵素ダイエットを開始したいからといって、生理中に断食を始めるのはタブーです。

月経時にファスティングを行った場合、カラダに過度な負担がかかります。

場合によっては、ホルモンバランスが崩れて余計に太りやすくなることもあるのです。

断食を開始する理想のタイミングを見極めて、効率よく酵素ダイエットを行いましょう。

断食が終わった後の酵素の摂り方

ダイエットが成功するか否かは、断食後の食事方法によります。

ポイントは、酵素を含む流動食を少しずつ摂ることです。

断食の直後に固形物を多量に摂取すれば、リバウンドの危険性が高まります。

胃や腸にも余計な負担をかけてしまいますので、おすすめしません。

酵素を多く含む食材をミキサーにかけて、スムージーにして飲むのが効果的です。

ファスティング中にも摂取していた酵素を続けて摂ることで、改善された腸内環境を損なわずに済みます。

上記のような、断食後に再会する食事のことを「復食」や「回復食」と呼びます。

断食を兼ねた酵素ダイエットでは、この復食期の食事方法が成果を左右します。

復食期は、ファスティングを行った日数と同じ期間を要します。

断食でリセットされた胃の容量や腸内環境を労わる意味でも、断食後の回復食は時間をかけて摂取しましょう。

酵素の多い食材を使えば断食後の食事でもダイエット可能

断食を経て、胃が空っぽの状態からすぐに酵素ダイエット前の食事に移行する人がいます。

そうではなく、断食後の食事でもダイエット効果が続くように酵素を摂取しましょう。

摂取カロリーが1日の消費カロリー量を上回った場合、リバウンドが起こります。

自分の基礎代謝量を把握し、酵素を含む食材をバランスよく摂れば、断食後の食事でもダイエットを続けていくことが出来ます。

断食後の食事は低カロリーに抑えたい

断食を終え、復食期を過ぎた後でも、摂取カロリーを抑えた食事が望ましいです。

厚生労働省の調べを参考に、女性の年齢別・基礎代謝量を見ていきましょう。

《女性の年齢別・基礎代謝量》

年齢(歳)

基礎代謝量(kcal/日)

18~29

1,520

30~49

1,530

50~69

1,400

70

1,290

(厚生労働省|『日本人の食事摂取基準2015年版』より引用)

上記の通り、加齢が進むにつれて基礎代謝量が下がっていくことがわかります。

また、断食後の方がダイエット前より栄養吸収をしやすい状態と言えます。

よって、断食後は、消化・吸収に良く、カロリー消費のしやすい食事を摂りましょう。

復食期でない限り、固形物を食べても大丈夫ですが、量は控えめにしてください。

炭水化物は避け、酵素を多く含む野菜やフルーツなどをメインに摂ることが大事です。

便秘改善にも効果的な食材も一緒に摂ることで、カロリー消費量を上げることも可能です。

回復食に最適な酵素を多く含む食材

断食後の回復食でも、摂取した食材の消化や分解はスムーズに行いたいもの。

その為には、酵素を多く含む食材を食べ続けるのが効果的です。

ここで理解しておきたいのは、酵素の種類は1つだけではないということ。

私たちが体内に摂取出来るのは、「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類です。

食べ物の消化促進効果・栄養素をエネルギーに変える効果のいずれも欠かせません。

酵素の種類を把握した上で、下記の「酵素を多く含む食材」を確認していきましょう。

《酵素を多く含む食材一覧》

 

 

食材

効果・作用

消化酵素

納豆・パイナップル・プルーン・キャベツ・メロン・玉ねぎ・りんご・ゴーヤ

プロアテーゼを多く含み、タンパク質を分解する作用を持つ酵素。

代謝酵素

バナナ・山芋・ショウガ・キウイ・カブ・梨・パプリカ・大根

アミラーゼを多く含み、消化を促進してエネルギーを生む酵素。

断食後に酵素を含む食材を調理する際の注意点

酵素を含む食材を摂ることで、便秘改善やダイエット効果を見込めるのは確かです。

ただし、間違った調理法で食材を摂取しても、本来の酵素の働きは得られません。

基本的に、酵素は熱に弱い特性を持ちます。

たった50の火力でも、消化・吸収を促進する成分は失われてしまうのです。

よく大根の煮物にショウガを入れてダイエットレシピにする女性がいます。

一見すると、とてもヘルシーでカラダに良さそうな献立ですよね。

しかし、その実は「酵素の作用を消しているだけ」なのです。

酵素ダイエットで効果を最大限に引き出したいのであれば、食材は生で摂ることです。

断食が出来ない人は酵素の置き換えダイエットから始めよう

酵素ダイエットに興味があっても、いきなり断食は辛い…。

そんな女性は、まず置き換えダイエットから始めてみませんか?

いつもの食事を1食だけ酵素ドリンクなどに置き換えれば、摂取カロリーを下げられます。

当然ながら、摂取カロリーを減らせば痩せますよね。

無理なく酵素ダイエットを続けるには、少しずつ食事量を減らすことも大切です。

次第に置き換えダイエットにカラダが慣れてきますので、それから断食するのもOK。

置き換えダイエットで断食のリズムを作る

酵素を吸収しやすく、食べ物を摂取しても太らない時間帯を知っていますか?

それは、朝です。

朝はいつも通り食事を摂っても、昼に向けてカロリー消費量が上がるので太りません。

同じく、昼間も活動中に多くのエネルギーを使います。

置き換えダイエットをするのなら、夜間がおすすめです。

夜はカラダが睡眠導入に向けて休まる時間帯なので、カロリー消費量も少なくなります。

酵素を夜間に摂ることで、翌日のエネルギー源を蓄える作用もありますから、置き換えのタイミングとしては最適。

1日3食のうち、1食の置き換えに慣れてきたら、徐々に回数を増やしていきましょう。

気づけば、酵素ドリンクのみで過ごす日があっても、ストレスに感じなくなっているはず。

意識しなくても断食を兼ねた酵素ダイエットが実現していて、予想以上に痩せられたという女性は少なくないのです。

酵素ダイエットで副作用が出る原因は間違った食事・断食方法

酵素ドリンクを毎日飲み続けているのにダイエットの成果が出ない…。

そんな悩みを持つ女性は、間違った食事・断食方法を実践している可能性があります。

食事の時間帯や断食のタイミングは、正しいものでしょうか?

夜遅くに飲み食いを繰り返すこと・生理時の断食は、痩せにくく太りやすいリズムです。

酵素を飲んでから、肌荒れの悪化やカラダの不調が出始めたという声も挙がっていますが、その原因のほとんどは過剰摂取です。

正しく摂取していれば酵素による副作用はない

話題になっているダイエット法を見聞きすると、女性の多くは即実行したくなるもの。

酵素ダイエットも例外ではありません。

ですが、酵素ドリンクとサプリの併用や、ダイエット効果を狙った酵素とこんにゃくの同時摂取などは、腹痛のもとです。

「酵素を摂取すると副作用がある」と勘違いする女性も多いのですが、それは違います。

酵素の規定量を守って摂取していれば、下痢や肌荒れの心配はありません。

上記でご紹介した「1日に摂取可能な酵素の目安量」を再確認してください。

ほとんどの女性は、規定量よりも多くの酵素を無意識のうちに摂取しているはずです。

どんな有効成分も、過剰摂取すれば相応の副作用が出ます。

食材や成分そのものに原因があるのではなく、みなさんの摂取方法に問題があるのです。

酵素を使った食事・断食はカラダにやさしい方法で摂るのが鉄則

正しく酵素を摂取すれば、副作用に悩むことはありません。

それでも、多くの女性はその事実を見落として間違った酵素ダイエットを行っています。

酵素を使った食事・断食ダイエットは、カラダにやさしい方法で行うのが鉄則です。

腹痛が起こりやすい生理時に酵素サプリとドリンクを併用するのがNG。

あるいは、ホルモンバランスの崩れやすい月経期に断食を始めるのもいけません。

体調が万全で、特に健康状態に異常のない時を狙うのが、酵素ダイエットを成功させるカギです。

酵素ダイエット中にカラダの不調に気づいたら即中止!

もしも酵素ダイエットを続けていくうちに、カラダの不調に気づいたらすぐに摂取をやめてください。

カラダの不調と酵素の摂取時期が重なり、体調不要が目立っているのかもしれません。

症状の出始めでも、自己判断せずに病院を受診しましょう。

諸症状の原因がすぐにわかる診療科は、内科や産婦人科です。

また、酵素ドリンクやサプリを摂取してから肌荒れが出たのであれば、皮膚科を当たってみるのもアリでしょう。

各種ダイエットドリンクやサプリには、酵素以外の成分も配合されています。

一概に酵素が諸症状の原因だとは言い切れませんので、医者の意見に従いましょう。

女性のカラダはデリケートですので、無理なダイエットは行わないことです。

また、酵素ダイエットといっても、市販のドリンク・サプリ・健康食品には数多くの種類があります。

ドラッグストアや通販サイトを見てみると、お試し用の酵素ドリンクも販売されています。

口コミや評価を確認しつつ、自分に合う酵素入り製品を購入しましょう。

 

ライター:kazuma_rei

よろしければシェアをお願いします!!