【保存版】お茶と水、ダイエット中に良いのはどっち?それぞれのメリット・デメリット

ダイエット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-06-12 | by biken

あなたはダイエット中、水分摂取は「水かお茶どっちを飲めばいいのだろう?」「どっちを飲んだほうがダイエット効果があるのだろう?」と思ったはありませんか? 

結論から言うと、ダイエットに即効性があるのはずばり「水」です。 

しかし、ダイエット効果のあるお茶の種類や正しい飲み方を知っていれば、お茶にもダイエット効果があることはあまり知られていません。 

お茶のダイエット効果についても理解しておくと、あなたは、より効果的にダイエットすることができるはずです。 

そこでこの記事では、まずは水とお茶のダイエット効果やそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

そして、ダイエット中に効果的な水とお茶の飲み方について、さらに、ダイエット効果のあるお茶について紹介します。 

最後までしっかり読んで、より効果的なダイエットの知識を覚えてくださいね。 

お茶より水の方がダイエット効果がある理由 

結論からいうと、ダイエット中におすすめの飲み物は「水」です。

なぜなら、水はデトックス効果が高いのでダイエット効果を実感しやすいからです。

もちろん、お茶にもメリットはあります。

ただ、お茶でダイエット効果を得るには、ダイエット成分が含まれたお茶を知り、正しい飲み方をしなければなりません。

ここでは、水・お茶のダイエット中のメリット・デメリットを解説します。

水を飲むメリット・デメリット

水を飲むメリット

・デトックス効果が高い。

・宿便が出て腸内がきれいになる。 

・基礎代謝がアップする。

水を飲むデメリット

・水道水には少量の塩素が含まれていて、塩素を取り過ぎるとむくみの原因になるので注意が必要。 

・水は水でも、デトックス効果のある純水、疲労回復効果のある酸素水、整腸効果のある温泉水など、種類があって効果も異なるのでしっかりと理解する必要がある。 

水には、腸に溜まっている便を柔らかくして排出する「デトックス効果」が期待できます。

人間の70%は水分だと言われていますよね。

綺麗な水をたくさん飲むことで、体内にある水分と循環されるので、新陳代謝も活性化して基礎代謝が上がり 、結果的に痩せ体質になれるのです。

お茶を飲むメリット・デメリット

お茶を飲むメリット

・お茶に含まれる「カテキン」で免疫力がアップする。

・食事で不足しがちなビタミン・ミネラルを摂取できる。

・抗酸化作用があり、脂肪の酸化を防いでくれるので、若々しい体を保てる。 

お茶を飲むデメリット

・カフェインの副作用によって、不眠症や自律神経の乱れ、脱水症状が起こる可能性がある。

・女性の場合 、生理中はタンニンによって貧血になるリスクが高い。

・利尿作用によって、 水分が体内から排出されて逆にむくむこともある。

お茶には、ミネラルやビタミン、カテキンなどが配合されているので、水分補給をしながら同時に栄養素も摂取することができます。

ただ、お茶の成分によっては多量に飲むことで副作用が起こる場合もあるのです。

例えば、緑茶や黒烏龍茶などに含まれる「カフェイン」は、過剰摂取すると寝つきが悪くなる他、利尿作用もあるので脱水症状を招くことも。

また、お茶に含まれる「タンニン」には、鉄分の吸収を低下させる作用があるとも言われているので、過剰摂取で貧血症状になる危険性もあります。

もちろん、お茶自体は体にいいものなので健康のためにも飲むべきですが、毎日2リットルほど飲み続けた場合は、何らかの副作用が起こる可能性があるのです。 

お茶の場合は、摂取量に気を付けるべき

普段何気なく飲んでいるお茶ですが、実はほとんどのお茶には適正量というものがあります。

日常生活でこの適正量を超すことはほぼ心配ありませんが、ダイエット中は水分を多めに摂ることがなにより大切と言われています。

理想は1日2リットルなので、それを毎日飲むと考えた場合はやはり水が1番安心で効果的と言えますね。

ダイエット中の効果的な水、お茶の飲み方

ダイエット中は水分補給が大切ですが、間違った飲み方をするとむくんでしまい、逆効果になることもあります。

ここでは、ダイエットの効果を得るための水、お茶の効果的な飲み方を解説していきたいと思います。

水の効果的な飲み方 

・こまめに飲むこと

水でダイエット効果を得るためには、とにかくこまめに飲みことがポイントです。

一気飲みしてしまうと、むくみを招きダイエットにはかえって逆効果です。

1~2時間置きに飲むように心がけましょう。

・常温で飲むこと

冷たい水の飲みすぎは、体を冷やしてしまうためで冷え症体質になり、むくみの原因になります。

体が冷えると基礎代謝も低下するので、結果的にダイエット効果は減少してしまいます。

なるべく常温の水を、こまめに飲むようにするのが効果的な飲み方です。

お茶の効果的な飲み方

ホットで飲む

ホットで飲むと体が温まって代謝が上がるため、お茶に含まれる成分の吸収率も良くなります。

食前・食事中に飲む

また、お茶には血糖値上昇を抑えてくれる効果や、脂肪の吸収を抑える効果があります。

 食前・食事中に飲むことで血糖値をコントロールしてくれたり、食事で摂取したものが脂肪になるのを予防してくれます。

ダイエット効果がある4つのお茶

ここでは、ダイエット中におすすめのお茶をいくつか紹介していきたいと思います。 

黒烏龍茶

黒烏龍茶には、脂肪の吸収を抑える作用のある重合ポリフェノールが含まれているため 、食事中の飲むことでダイエット効果を得られます。

 

これは飲めば痩せるといったことではなく、食事で摂取した脂肪の吸収を抑えるということなので、脂っこい食事のときはぜひ意識して飲んでみてください。 

麦茶

麦茶特有のあの香ばしい香りはピラジンという成分によるもので、この成分には 新陳代謝を活性化させる作用がありますので、痩せ体質に導いてくれます。

新陳代謝が活性化すると・・・

・むくみが改善

・基礎代謝が上がる

などの効果があるので、結果的に太りにくい痩せ体質になれるということです。 

ダイエットしてもなかなか痩せない、そんなに食べていないのに太るという方は、体質改善のために麦茶を飲むのがおすすめです。

玄米茶

玄米茶にはガンマオリザノールという成分が含まれており 、この成分には悪玉コレステロールを減少させる作用があるので肥満予防に効果的です。

また、食物繊維が豊富で便秘改善効果も期待できます。

腸内環境を整えてくれるため、便秘気味の人にはぜひおすすめのダイエット茶です。

美健麗茶

様々なダイエット効果を1つのお茶で得ることができるのが、美健麗茶です。

美健麗茶は、ここまで紹介したダイエット効果のあるお茶(黒烏龍茶、麦茶、玄米茶)の効果をすべて得ることができるのです!

・カルダモンが消化促進を助けてくれるため、食事中に飲むことで吸収を抑えてくれる

・腸内環境正常化作用のあるルイボスティー成分が、便秘改善に働く 

・生姜に含まれる辛味成分であるシンゲロールによって、体の内側から温めることができるため、血行改善効果がある

▶▶▶食物繊維が豊富なダイエット成分を配合した天然ハーブティーはこちら

まとめ

・ダイエットにはお茶よりも水をこまめにたくさん飲むほうが効果的。

・ダイエット効果のあるお茶は、食事中や食前に飲みすぎない程度に飲むなら良い。

・水ならば常温、お茶ならばホットで飲むようにするのがおすすめ。

・美健麗茶は、様々なダイエット茶の効果を得られる。

よろしければシェアをお願いします!!