腸内環境を改善するには、どんな方法が一番ですか?方法を紹介します

便秘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-05-20 | by biken

最近、 便秘やオナラがよくでて臭いが強烈だとか ! 肌荒れや口臭が、臭うなんて女性からしてみれば生きていけない事になると思います。

これは全て、腸内環境が悪いから起こることになるといえませんか!?それならどうすれば、腸内環境はよくなるのでしょうか?

ここでは改善策をご紹介させていただきます。

 

腸内環境が悪くなる原因

腸内環境が悪くなるのは、 日常生活や食生活が不規則になりアルコールを大量に飲み、運動もせずに寝るだけとか 

特にサラリーマンの方はやはりデスクワークでの仕事が多いいと運動不足で上司からの視線がきつくストレスがかかると思います。

仕事上のストレス、ストレスによる過食、暴飲暴食、辛い食べ物が好き、刺激物を多い食事などなどさまざまな要因が考えられます。

ストレス発散はアルコール!? それも大量に飲酒し食事もしょっぱいもので腸は、水分が激減されてしまいます。

そういったことにより、便は腸の中で詰まることは間違いなしですよね!?

gatag-00013406

快便の時のうんちはどんなうんちでしょうか?

粘土のようにみずみずしく腸内の壁をつるん!とすべるように腸がぜん動運動と言う動きでうんち達を外に出すのです。

腸内環境とは

正常な腸の働きは消化吸収、また病原菌から身体を守る免疫機能なのです。

特に大腸には約、100種類以上、100兆個以上の腸内細菌(腸内フローラ)があると言われています。

身体の免疫機能の役6割は腸管に存在しており、腸内のバランスが良いほど、腸管免疫力は発達するといわれているのです。

理想的な腸内環境のバランスは?

腸内環境は皆さんもよく耳にすると思いますが、「善玉菌・悪玉菌・中間の菌」の3つの菌で構成されています。この3つのバランスを取りながら、腸内環境を保っているのです。

3つの菌のなかで1番多いのが(中間の菌、別名日和菌とも言う)で2番目が善玉菌で3番目が悪玉菌の構成になっています。

ふつう正常時は善玉菌が優勢になりますが、様々な影響により「悪玉菌」が増えた場合に腸内環境が悪くなっているということになります。

腸内環境の改善が必要な時とは?

腸内環境の改善をしなければならない状態は、「悪玉菌の増殖、絨毛が薄くなってきている時です。

悪玉菌の増殖する主な原因は「運動不足・偏食・過食・ストレス・生活習慣の乱れ」など様々です。

また加齢による腸の老化の原因も一つとして掲げられます。

腸内環境の改善方法としては、「善玉菌」を増殖させることですが、善玉菌をどのように増やすかというと、「乳酸・酢酸」を作ることです。

腸内の環境を酸性の状態に保ち、善玉菌の増殖を抑えていくとこで腸内の運動を活性化させることができます。

それにより、感染予防、発がん性物質をもつ腐敗物の侵入、作ることを防ぐことができます。

腸内環境を整える

まず、 日常で簡単にできる方法として朝食事の前にコップ1杯の水道水で構いませんから飲んでみてください。そうすると、ぜん動運が起こり快便につながります。

ヨーグルトやお茶など様々な腸に良いと言うアイテムがありますが、腸内環境が乱れている時にはそのような飲食物を摂取せず、もうひとつは運動も心がけてください。

激しい運動はしなくていいのです。軽いウォーキングやヨガ、ストレッチなどが良いとされています。

 

 

beach-1599762_640

まとめ

腸内環境の改善には、人様々で色々な方法があります。

場合によれば、体調に悪い影響も出る場合があります。体質に合わない場合は、進行中でもすぐに中止することも改善の行動です。

自分に合った方法を見つけ出して改善方法を試しましょう。

よろしければシェアをお願いします!!