【効果が半減?!】オリーブオイルで便秘解消するときの注意点とは

便秘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-04-29 | by biken

日本人女性の約半数が便秘に悩んでいると言われる現代。

慢性的な便秘を自覚していても、「病院に行くのは恥ずかしいし、市販の下剤を使うのは怖い…。」

そう思って長年の便秘症を放置している方も多いことでしょう。

そんな方におススメなのが、「天然の下剤」とも言われるオリーブオイルを使った便秘解消法です。

ここでは、オリーブオイルがもたらす便秘解消効果について、詳しく紹介していきます。

 

便秘にオリーブオイルが効果的なワケ

最近のヘルシー志向で再注目されている「オリーブオイル」。

サラダやパスタ、ピザなど日常的にオリーブオイルを使う機会も多いですね。

そんな身近なオリーブオイルですが、便秘に対してどのような効果があるのでしょうか。

早速みていきましょう。

———————————————————————

 <効果その①>硬くなった便を柔らかくする

オリーブオイルは体内に吸収される過程において、ある特徴を持っています。

それは、オリーブオイルを生の状態で摂取すると胃や小腸で吸収されず大腸まで運ばれるという特徴です。

つまり、大腸に溜まった硬い便にオリーブオイルが染み込むことで便を柔らかくする、というワケです。

また、大腸にオリーブオイルが行き渡ることで便の移動や排出をスムーズにしてくれるという利点もあります。

<効果その②>腸の運動を活発にする

オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」は不飽和脂肪酸の一種で、腸の運動を活発にしてくれる働きを持っています。

オレイン酸はオイルやナッツ類、アボカドなどに多く含まれていますが、特にオリーブオイルの含有率が高いため、効率良くオレイン酸を摂取するにはオリーブオイルが最適だと言われています。

また、このオレイン酸は胃酸の分泌を調整し消化をサポートする作用もあるため、腸活そして便秘解消には積極的に摂取したい成分なのです。

<効果その③>腸内温度を高めてくれる

オリーブオイルに含まれる「ビタミンE」には、自律神経を整え血行を促進する働きがあります。

また、オリーブオイルは温かい飲み物と一緒に摂取することで、腸内温度を高めてくれる効果があります。

腸内温度を高めることで善玉菌が活性化し、便の排出もスムーズになります。

———————————————————————

効果が半減?!オリーブオイルの正しい摂り方

オリーブオイルが腸活、そして便秘に効果的なことはお話ししましたが、オリーブオイルを誤った方法で摂取してしまうとその効果も半減してしまうため、注意が必要です。

以下の2つのポイントを抑えた上で、正しくオリーブオイルを摂取しましょう。

———————————————————————

<ポイント①>オリーブオイルは「生」で摂取する

まず、便秘への効果を最大限に発揮させるためには、オリーブオイルは「生」で摂取することが大前提です。

例えば、調理油として他の食材と一緒に火を通してしまうと胃や小腸で吸収されやすくなり、便の溜まった大腸まで届かず便秘への効果が半減してしまうのです。

そのためオリーブオイルは生で飲むのが一番ですが、独特のクセがありますので「そのまま飲むにはちょっと…」と抵抗のある方もいらっしゃるでしょう。

生のオリーブオイルが苦手という方にもおススメなオリーブオイルレシピを下で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

<ポイント②>オリーブオイルは「朝食前」が効果的

生のオリーブオイルは、1日1回、スプーン大匙1~2杯を目安に摂取しましょう。

摂るタイミングは「朝食前」が最も便秘には効果的です。

上でも説明したように、便が溜まっている大腸までオリーブオイルを届けるには、なるべく胃や小腸で吸収されない必要があります。

そのため、食前に摂るのが最も効果的だと言われています。

特に朝は便を排出する腸の動きが活発になっているため、相乗効果が期待できます。

———————————————————————

美味しく腸活!便秘に効くオリーブオイルレシピ

「オリーブオイルを生で飲むのはちょっと…」という方におススメな3つのレシピがこちら。

どのレシピも火を通さず生のオリーブオイルを使っていますので、便秘への効果も高いですよ。

———————————————————————

<レシピ①>フランスパン+オリーブオイル

手軽に美味しく生のオリーブオイルを摂取できる方法と言えば、まず思い浮かぶのがフランスパンですね。

軽くトーストしたフランスパンとオリーブオイルの相性は抜群!

ちょっぴりオリーブオイルにお塩を加えても美味しいですよ。

<レシピ②>納豆+オリーブオイル

腸内の善玉菌を増やす納豆にオリーブオイルをプラスすることで、便秘解消効果も更にUP!

納豆と同じく発酵食品であるヨーグルトに混ぜるのもおススメです。

<レシピ③>牛乳+生姜+オリーブオイル

オリーブオイルは温かい飲み物と一緒に摂ることで腸内温度を上げる作用があると説明しましたが、この牛乳と生姜のレシピは更に身体の芯から温まること間違いなし!

電子レンジで温めた牛乳にすりおろした生姜を少々入れてオリーブオイルをかけるだけ。

生姜はチューブでもOKですので、忙しい朝にもピッタリです。

———————————————————————

なお、どうしても生のオリーブオイルの味に抵抗があるという方は、天然成分100%の便秘改善茶もありますので、参考までに。

▶▶▶ひと月たったの500円!頑固な便秘を解消するハーブティーって?

気を付けて!オリーブオイルを選ぶときの注意点

一口にオリーブオイルと言っても、どんなものでも便秘に効果があるという訳ではありません。

オリーブオイルだけでなく、市販で売られている油の多くに言えることですが、品質はピンからキリです。

ここで注意して欲しいのが、化学的に精製されていない新物のエクストラバージンオリーブオイルを選ぶということ。

特に便秘解消には生で飲むのが良いとされていますから、オリーブオイルの品質もしっかりチェックしましょう。

よろしければシェアをお願いします!!