便の形や色で、健康管理!毎日の排便チェックを欠かさずに

便秘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-04-27 | by biken

毎日きちんと排便できていると、体も軽くて気持ちもすっきり!前向きになれる気がしますね。しかし、毎日排便できていても、それだけでは快便であるとは言えません。排便回数も快便の指標の一つではありますが、排便が正常で体内環境が健康であるかどうかは、回数よりも排出された便の質が重要です。

便の形や硬さ、色のちがいから、体内の状態を知ることができるといいます。色や形の異変に気がつけるように、トイレで便をチェックする習慣をつけましょう。色や形がなぜ大切なのか、具体的にどんな点をチェックすれば良いのかを、こちらの記事で解説していきます。

理想的なお通じの回数は一日何回?

1日のトイレの回数は、人によって、同じ人であっても体調や食事の内容によって日々さまざまだと思います。それでも、健康的な排便回数の目安はあります。一般的には、1日に3回が健康的と言われる排便回数です。しかしこれは消化活動が活発な人の数であり、1日に1回でも、残便感やお腹の張りがなければ健康上問題ないと言えます。

回数だけでは断言できませんが、3日に1回程度の頻度でしか便が出ないという場合には、便秘の可能性が高いとみなされます。

排便回数は日々の食事の内容や量に大きく影響されます。そのため、回数が少ないからといって一概に便が溜まっている・健康状態が悪いと決めつけることはできません。普段の排便回数と比べて極端に少ないかどうかで、便秘の判断をする必要があります。

排便の回数よりも、便の質が重要!

96ef19488326556ec6e5308339dc435c_s

便の回数の増減を気に病むよりも、注目したいのは便の「質」そのものです。体内から排出される便は、直接見ることのできない自分の体の中を知ることができる貴重な情報源の一つです。トイレで排便した後には、欠かさず自分の便をチェックしてみましょう。

・どんな形が良い?悪い?

具体的にチェックしたいのは、便の水分量です。健康的な便には、適度に水分が含まれています。適度に水分が含まれた便の見た目は、子どもが使う油粘土のようで、バナナのような形になります。

・硬い便

水分量が少なく、排泄するときに力まないといけないような硬い便は注意が必要。水分が少ないと、形は小さくてコロコロとしたウサギの糞のようであったり、ラーメンのように細く切れ切れの状態になります。硬い便は水分や食物繊維の不足で、消化に時間がかかっていることが原因だそうです。硬い便は、腸内に便が溜まった状態になっている可能性が高く、切れ痔や口臭、大腸がんなどにつながってしまいます。

・水っぽい便

反対に、水分が多すぎて液体に近いような便は「水様便」と言われ、風邪をひいた時など、病原菌を外に出そうと通常より速いスピードで便を排出しようとした時にみられます。明確な体調不良や腹痛を伴わない水様便は、腸のぜん動運動(便を腸から肛門に運ぶ運動)の働きがおかしくなっている可能性があります。

水分が多い・少ない、つまり硬すぎる・柔らかすぎる場合には、腸内環境がよくなかったり、胃が弱っている可能性があるので、自覚がなくても体調不良を疑った方が良いかもしれません。

形だけじゃない!便の色は大丈夫?

チェックするべき点は形だけでありません。形よりもむしろ、便の色が重要です。茶色であっても、具体的にどんな色なのかを確認してみましょう。

・黒い便、赤い便

色が黒っぽい時は腸内での出血が起こっている可能性があります。血というと赤くなる気がしますが、腸内で出た血は便として出るまでに酸化し、黒っぽくなるといいます。はっきりと赤い血が混じっている場合には、腸内ではなく肛門に近い部分に傷があるといえるでしょう。

・白い便

白っぽい便は「白便」とも言われます。便の茶色は、消化のために肝臓から分泌される胆汁の色です。そのため、消化不良や栄養不足で消化がうまくいっていない場合に、胆汁の分泌が少なく白っぽくなります。しかし、白い便は、ロタウィルス感染や急性肝炎などの肝臓の病気、膵がんなど、重篤な病気の兆候という可能性もあります。白っぽい便が続いた時は注意が必要です。

色の変化は、形以上に重要な問題をはらんでいる可能性が高いです。もしも便の色に異変を感じたら、できるだけ早く病院を受診し、お医者さんに色や痛みの有無を伝えて診断してもらってください。

毎日の便チェックで健康維持!

排便の回数が少ないと、便秘かも…と気になって不安を覚えるかも知れません。だからといって、毎日排便できているから快便で健康!と安心してはいけません。排便の回数だけでなく、排出された便の形や色こそ、健康状態を判断する重要な情報なのです。

洋式トイレでは、用が済むとすぐに水に流してしまうかもしれませんが、そこで一回便の形と色をチェックする習慣を付けるのが大切です。日々の排便チェックで自分の健康状態もチェック、体を蝕んでいるかもしれない病原菌を早期に発見しましょう。

溜めすぎると危険!恐ろしい便秘の弊害

よろしければシェアをお願いします!!