本当に、その食べ物を食べたいですか?空腹感を利用した便秘解消法!

便秘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-04-21 | by biken

人間だれしも空腹感が生まれます。お腹がすくと言う事です。 人間が、空腹感がでるとモチリンと言うホルモンが腸内にでるといいます。

モチリンが腸のぜん動運動を起こすホルモンです。モチリンが、腸を動かしてくれれば排便が可能になるそうです。

ただ、食べ過ぎではモチリンは稼働しません。

食事量を抑える事、空腹感でモチリンは稼働し腸のぜん動運動が起こると言います。

どうすれば、空腹感をつくりモチリンが稼働してくれるかをご紹介します。   

  1. 食事時間

いつたべるのか!今でしょう!ではいけません。きちんとお腹が空いた時に食べて下さい。早食いはいけません。糖が高くなったり副交感神経が鈍くなり便秘を引き起こします。

  1. 食べたくないのに!

    restaurant-1799414_640

何だかおなかがすかないな!けど、後で食べられないかもしれないから食べちゃえ! と無理に食べてはいけません。

食べたくなければ食べないようにして下さい。無理に食べれば無駄な栄養が体に付き太る傾向になります。

  1. 間食は避けるべき!

ご存知ですよね。間食は便秘のもととなる事になります。お腹が空いていないのに食べる。

これは脳が誤認をし食べるという認識が働いている事になります。

食べてしまうと一旦は満足感が起きますがすぐに胃が満腹感以上となりお腹が張る事になります。   

  1. まとめ

便秘で空腹になる事は本当に必要な栄養を摂取しているかが問題です。

脳の誤認識により起こるとされている空腹感が一番問題です。食べたくなったらご自身に聞いてください。「本当に食べたいの?」

よろしければシェアをお願いします!!