【様々な栄養素が便秘解消に役立つ!便秘を解消してくれる栄養素とは?】

便秘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-04-30 | by biken

貴方は現在、便秘に悩んでいませんか?便秘というのは非常に厄介なもので、長く解消されないでいると身体に様々な影響を与えてしまうので、辛く感じますよね。中には、何をやっても便秘が解消されない人もいるのではないでしょうか。

そこで試してほしいのが、便秘を解消するのに役立つ様々な栄養素の摂取です。栄養素は私たちの身体になくてはならないものであり、なんと便秘を解消してくれる効果が期待出来るのです。

積極的に解消効果がある栄養素を摂取するようにすれば、自ずと便秘が解消されていくのではないでしょうか。そこで、便秘の解消効果が期待出来る栄養素をご紹介しましょう。

食物繊維は便秘解消に効果があるだけでなく、健康面もサポートしてくれる

食物繊維には主に「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類があります。不溶性食物繊維は胃の中で消化されずに大腸まで行き届くのが特徴であり、腸内の水分を吸収して便の量を増やし、腸内に刺激を与えます。

さらに腸内を刺激するだけでなく、便を押し出すぜん動運動を促してくれるので便秘解消に一役買ってくれるのです。また、悪玉菌が発生させた有害物質を絡め取って排除する作用があるので、健康にも効果が期待出来ます。

そして水溶性食物繊維は、腸に届くと水に溶けてゼリー状になることから、便を柔らかくしながらゆっくりと便を押し出してくれる効果があります。さらに腸内で発酵すると善玉菌の栄養へと変化するので、悪玉菌を減らしつつ腸内環境を整える効果もあるのです。

それ以外にも、栄養素の吸収を緩やかにしつつ体内のコレステロールの排出を促し、血糖値の急激な上昇を抑える働きもあるなど、腸内だけでなく健康にも良い効果が多くあります。

食物繊維は便秘や肥満の解消、それに生活習慣病の予防にも役立つとされる為、毎日必要な栄養素の一つと言えるでしょう。食物繊維は主に野菜や果物に含まれていますが、不溶性食物繊維ならキノコ類や豆類、野菜の皮など、水溶性食物繊維なら海藻類やこんにゃく、オクラやなめこなどに含まれています。

ビタミンCは腸内の健康と同時に、美容効果も期待出来る

lemons-2252560_640

意外とビタミンCが便秘解消に効果があるということは知られていません。ビタミンCは、乳酸菌の栄養源になることで善玉菌を増やし、活性化させる働きがあります。善玉菌が増えるほど悪玉菌を減らし、腸内の働きを活発化させるので便秘解消の効果が期待出来るでしょう。

そして、ビタミンCには「抗ストレスホルモン」というストレスに対抗するホルモンの材料にもなります。ストレスは便秘に繋がる大きな原因になるので、ビタミンCを多く摂取することでストレスへの抵抗力がアップし、便秘解消にも繋がるという一石二鳥の効果が期待出来るでしょう。

その他にも、肌やその粘膜を維持する効果と共に老化も防ぐ抗酸化作用、そして美白作用も兼ね備えています。また、レモンなどの柑橘類を初め、赤ピーマンやキャベツなどに多く含まれています。

しかし、ビタミンCを摂取する上で気を付けておきたいのが、ビタミンCは熱や酸化によって変化しやすいということです。つまり、ビタミンCが含まれている食べ物を熱したり酸化させてしまうと、せっかくの効果が失われてしまう恐れがあります。

調理法にはくれぐれも注意しましょう。

善玉菌を増やすのに欠かせない乳酸菌

腸内の悪玉菌が食べ物のカスなどの残留物を腐敗させることで腸内をアルカリ性に変えると腸のぜん動運動が低下する為、便を外に送り出す力が弱まります。この状態が続くことにより、悪玉菌が優勢な状態を作り出してしまうことで便秘が解消されにくくなるのです。

ヨーグルトやチーズ、味噌などに含まれる乳酸菌は善玉菌を直接摂取していると言っても過言ではなく、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。つまり、乳酸菌を摂取することで腸内が酸性に変わり、善玉菌をさらに増殖させる状態が出来上がります。

善玉菌や入砂金が増え続けることで腸のぜん動運動が活発化されるので、便を排出させる力が強まるのです。

悪玉菌の増殖を抑えると共に、栄養分の消化吸収を促し、腸内環境を整えるだけでなく健康もサポートしてくれるなど、まさに便秘解消の為にあるかのような効果だと言えるでしょう。

生きて腸まで届くオリゴ糖

acarbose-867863_6403

ヨーグルトなどに含まれているビフィズス菌というのを耳にしたことはありませんか?実はオリゴ糖はビフィズス菌の大好物であり、善玉菌を効率良く増やしてくれる働きがあります。本来であれば砂糖やブドウ糖などでもいいのですが、これらは大腸に届く前に消化吸収されてしまうので意味がありません。

しかし、オリゴ糖であれば消化されずに大腸まで届くので、オリゴ糖を摂取するほどビフィズス菌を増やし、善玉菌を増やして腸内の働きを活発化させます。その為、善玉菌が増え続けることで腸内環境が整えられるので便秘解消に期待出来るでしょう。

さらに、オリゴ糖にも甘味があるものの、消化・吸収が出来ないので血糖値が上がらず、インスリン濃度にも影響を与えません。また、オリゴ糖を摂取すると腸のぜん動活動が活発になるので腸内の食べ物の通過時間が短くなり、必要な栄養素以外は吸収されなくなります。

本来なら摂取しすぎると逆に悪影響を与えてしまうコレステロールやブドウ糖などの吸収が抑えられる為、生活習慣病の予防にもなると言えるでしょう。なお、オリゴ糖はバナナや大豆、きなこなどに含まれているので積極的に摂取しましょう。

マグネシウムは固くなった便を柔らかくしてくれる

マグネシウムとは便秘薬にも配合されている成分であり、ミネラルの一つでもあります。中でも酸化マグネシウムは便秘の解消をサポートする働きがある栄養素として知られており、摂取することで水分が体内に吸収されやすくなるので効率良く便を柔らかくすることが出来るのです。

水分不足は便秘を引き起こしやすい原因の一つなので、食物繊維と一緒にマグネシウムを摂取すれば不溶性食物繊維のように便の量を増やし、腸のぜん動運動を活発化させます。

マグネシウムはひじきや昆布、ココアなどに多く含まれています。便秘を解消する働きがある栄養素を意識して摂取することでスムーズな排便を促すだけでなく、健康な身体と美肌も手に入れることが期待出来ると言えるでしょう。

 

よろしければシェアをお願いします!!