便秘

摂り過ぎ注意!便秘の原因になる食べ物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鏡に映った肌荒れを気にしている女性

便秘の原因には、日々のストレスや無理なダイエットで食事を極端に抜いたり、偏った食事をする生活を続けたりすることなどが上げられます。便秘が進行すると口臭や肌荒れを引き起こす可能性があります。そうなる前に、あなたの便秘の原因になっているかもしれない食べ物を見直してみましょう。ここでは摂取し過ぎると便秘につながる食べ物をご紹介します。

便秘の原因になる食べ物

カロリーの高そうにお肉料理

便秘の原因になる食べ物①体を冷やす食べ物

冷たい食べ物を食べ過ぎると体温が下がってしまいます。体温が下がると血流が悪くなり、腸の働きも悪くなります。腸の動きが悪くなると、ぜん動運動(腸を動かして食べ物を小腸から大腸へ動かす動き)も活発に行われなくなるので便秘の原因になります。 夏になるとアイスや冷えたジュースなどを摂取したくなりますが、便秘にお悩みの方はなるだけ摂取しすぎないようにしましょう。

便秘の原因になる食べ物②肉

肉に含まれるタンパク質は悪玉菌を増殖させる働きがあるので、便秘になりやすい食べ物とされています。しかし、肉は動物性脂が含まれているため便を柔らかくしてくれる働きがある他、タンパク質は筋肉を増大してくれます。便秘は腹筋力の低下も一つの原因になるので、解消のためには欠かせない食材といえます。タンパク質を肉から摂取する場合、悪玉菌が増え過ぎないように野菜やヨーグルトなどと組み合わせて、栄養のバランスを良くして摂取することが大切です。
また、肉は消化に時間がかかる食べ物です。果物は消化が早いものであれば20~30分程度、野菜は30~60分程度、炭水化物は120~180分程度で消化されると言われているのに対し、肉のタンパク質の消化時間は180~240分程度かかります。さらに、脂肪が多い肉は脂肪が消化されるのに、12時間もかかるとされています。消化時間が長くなるほど、腸に負担をかけるので腸の働きを低下させてしまいます。最近では糖質制限ダイエットで肉ばかりの食事をしている人もいるようですが、腸に大きな負担をかけることになってしまうので、偏った食事をする事は避けるようにしましょう。

便秘の原因になる食べ物③タンニンを含む食べ物

タンニンとは渋みの元になる成分で、お茶を飲んだときや柿を食べた時に感じる渋みはタンニンの作用です。タンニンはカテキンが酸化したもので、脂肪の消費を促したり、コレステロールの吸収を抑えたりする働きがあるので生活習慣病の予防に効果があります。
しかし、タンニンは摂り過ぎると、腸のぜん動運動(腸を動かして食べ物を小腸から大腸へ動かす動き)を抑制してしまう働きがあります。また、タンニンは便を硬くする働きがあり下剤にも使われる成分です。下痢を繰り返すタイプの便秘には効果的ですが、固くなってしまうタイプの弛緩性便秘の人には逆効果なので摂取のし過ぎには注意しましょう。タンニンは、渋柿やお茶、コーヒーやワインに多く含まれています。逆に、便秘解消に効果のある食材やマッサージを詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

スッキリ下剤いらず!根本的に便秘を解消する方法

朝食の食べ物(食事)の量が便秘の原因に?!

グリーンサラダ

便秘の原因は、食べ物だけではありません。食事の量や時間も関係してきます。
朝は胃腸が活発に活動するので、排泄に適している時間です。この時間にドカっと食事の量を多くとってしまうと腸が栄養の吸収のために働きだします。そうすると、排出する動きが悪くなってしまいます。 朝食は果物や生野菜をメインにした軽めの食事をおススメします。例えば、豆乳や生野菜、バナナでグリーンスムージーを作って飲むのもいいでしょう。生野菜(キャベツ、レタス、人参など)には酵素が多く含まれます。酵素は便秘の解消に効く成分です。作り方も食材をミキサーで混ぜるだけで、短時間で作れるので気軽に始められます。
しかし、いくら短時間で作れるといっても、忙しい日々の中で「食材を毎日揃えておくことが面倒…」とう方は多いと思います。そこでおススメしたいのは、酵素が含まれているサプリメントです。
数多くある酵素サプリメントの中でも「スリムサポート酵素α+」は277種類の熟成酵素を配合しています。酵素以外にも代謝アップの効果がある成分が豊富に含まれているので、便秘解消だけではなくダイエットも並行して行いたいという方におススメします。おススメ酵素サプリ「スリムサポート酵素α+」の詳しい効果は下記の記事をご覧ください。

30 歳意識低い系 OL がダイエットを決意した日

食べ物だけが便秘の原因ではない!

トイレと救急車の模型と聴診器

便秘を根本的に治すには、食事の改善をするだけではいけません。過剰にストレスを受けることも、運動不足も、姿勢の悪さによる腸の圧迫も便秘の原因です。下剤を飲んで一度スッキリ出してしまって安心していませんか?下剤を使って一旦固まった便を出してしまってから、生活習慣を改善する事はいいかもしれません。しかし、下剤を常用するのは危険です。下剤を使いすぎると腸が刺激に慣れてしまい、一層便秘を悪化させてしまうこともあります。もし、あなたがその慢性的な便秘をそのままにしておくと、腸閉塞や免疫力の低下などを引き起こす可能性があります。便秘が引き起こす弊害が詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

溜めすぎると危険!恐ろしい便秘の弊害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。