お通じが、快適に排泄するには筋力を鍛えるエクササイズが必要です!

便秘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-04-28 | by biken

快便にするには、運動も必要と言われています。有酸素運動により腸のぜん動運動を活発にし排便を促します。それには、激しい運動などはいりません。ウォーキングなどのゆっくりとリラックスできる方法が効果的と言います。

ウォーキングなどの有酸素運動

7c07b02de35105b8e4b46cb76583aa44_s

ウォーキングは、有酸素運動ですが激しい運動ではなく副交感神経を刺激しリラックスした動きでお腹周りの筋力を鍛えると言います。

室内でもできる腹筋運動

昔の腹筋運動とは違います。足をのばして、腰だけで起きる方法は腰を痛めるために最近はやりませんよね。お腹周りの筋力効果に最適なエクササイズがありますので紹介します。

・簡単に出来る腹筋方法

床にマットを引き仰向けに寝ます。両手をくびの後ろで組み、ひざを立てて、ゆっくりと息を吐きながら上半身を起こしていきおへそを見ながら上体を丸めて、一旦止めます。10秒くらい止めた状態で、今度は息をゆっくりを吸いながら、体を寝かしていきます。

これを1セットとして、10回づつ、毎日、1週間続けてみてください。その後は、1日置きでも構いません。筋肉は休ませることも必要です。筋肉痛が起きてる状態であれば、神経が回復するまで待ってやることが大切です。

無理は禁物です。自分のペースに合わせて続けていくことが大切です。

・椅子に座ったままで腹式呼吸

ゆったりと椅子に座ります。お腹のへその下1cmを意識して、ゆっくりと7秒間かけて、息を吐きながら、お腹を凹ませていきます。ぺったんこに凹んだら、一旦息を7秒間止めます。

今度は息をゆっくりと吸いながら、7秒間かけてお腹を膨らませていきます。いっぱいに膨らんだら一旦息を7秒間止めます。

これで1セットとして、10回くらい行うと効果的です。是非やってみてください。

参考  https://www.youtube.com/watch?v=795CWxKDyq8

https://www.youtube.com/watch?v=9zmJ1-GNLc0

無理な運動は、禁物

ともかく運動が最適といってマラソンやジムなどで激しい運動で体を動かしたとしても、継続してやらなければ効果はありません。また、体を動かしながらの水分補給も忘れずに。スポーツドリンク、スムージーなども良いですがが、水(水道水)でもかまわないでしょう。

喉の渇きを抑えて、血のめぐりを快適にする働きがあります。自律神経も緩和させ、精神的にもリラックスさせることができます。

まとめ

便通をよくするには、食物繊維を含む食事や運動、水分補給が必要です。

偏った食事、運動不足、ストレスなどの全体のバランスが崩れれば便通も悪くなり不快な感じになります。これらは誰もがならないために気を付けていますが、やはりちょっとしたストレスで便秘になるとも言います。

毎日の、生活のバランスをとりながら、快便をめざしましょう。

よろしければシェアをお願いします!!