うつ病と便秘には、関係があるそうです!排泄できるようにしましょう

便秘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-04-18 | by biken
知っていましたか?便秘の症状がある方にはうつ病の方が多くいるといいます。 実は、精神病をわずらうと健康管理がおろそかになり腸が汚れるとも言われています。 食生活も偏り、体も動かす事が嫌になるとも言われます。そうすれば健常者でも便秘症状は発症しますね。   

#うつ病の原因はセロトニンが不足。

a0002_004057 実はセロトニンと言う物質が 5%は、脳で。 95%が腸で作られています。 脳で作られるセロトニンは、ストレス解消してくれますが、腸で作られるセロトニンは下痢を引き起こしかねない物です。 

#腸のセロトニンは、悪いやつです!

よく緊張すると下痢になる方がいますがIBS という過敏性腸症候群の症状がありますね。 お腹の具合がいつもよくない方は、セロトニンが少ない傾向にあるといいます。   

#うつ病の方の下痢症状は、薬の副作用が原因と言われています。

うつ病の薬は、市販薬と比べて効き目が強い物が多いいです。刺激が強く薬をそのまま飲むと胃が荒れるとも言います。便秘などしていると腸の水分がないためそのままの薬の成分が刺激となります。   

#もしもうつ病と診断され便秘になったら!

うつは、大きなストレスがかかると症状が出るそうです。 ストレスを緩和するようにし自律神経の交感神経が優位になって活動しストレスが無くなれば体がリラックスモードとなります。排便に認知が向けば便秘薬を服用し排泄をうながしましょう。 

#まとめ

体がだるくても排泄をするようにしてください。便秘とうつは可能性があるといいます。 便が出るとなんともいえない解放感がありますよね。リラックを心がけてください。 

よろしければシェアをお願いします!!