食中毒の原因、対処法はありません!おかしいなと思ったら食べないで

食中毒はなぜ起こるのでしょうか?

食べ物に細菌やウイルスが入り込んでいるのに食べてしまう。

貝類に多いいノロウイルス。生の魚介類や生の肉に付着するロタウイルス。

何も知らずに食べてしまうと感染し食中毒をおこすといいます。

この中でも多く見られるのが細菌性食中毒と言います。

 

細菌性食中毒の種類として感染型と毒素型があるのです

virus-1812092_640

 

感染型!

食中毒菌が増殖した食品を食べてしまう事です。菌が腸管ないの粘膜に張り付くといます。

代表的な菌に、サルモネア菌、病原性大腸炎、リステリア菌と言われています。

 

菌より0.5時間~8日間の潜伏期間が出ると言います。

感染型に属する潜伏期間を紹介します。

カンピロバクタ―菌

腸内ピブリオ菌

リステリア菌

ウエルシュ菌

腸管出血性大腸菌

 

毒素型!

virus-647210_640

 

食品感染した菌で毒素を食物に出している食べ物を食べてしまい食中毒が発生してしまうと言います。

代表的な菌に、黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌があると言います。食品を加熱しても強い毒素が食品内に残ると食中毒が起こるとも言います。

ボツリヌス菌  潜伏期間は、4~36時間

セレウス菌   潜伏期間は、30分~6時間

ブドウ球菌   潜伏期間は、およそ2~4時間

 

細菌は食中毒など起こらない現代になってきましたが、突然的にアニサキスなどとめったにでない感染症にかかる事が報道されています。おすしのネタに入り込んでいたと言いますが、宝くじを引き当てる確率と同じで当選すると食中毒が待っていると言う事になります。

 

まとめ

食中毒は、突然に発症する病気です。目には見えない菌がおいしい食べ物に張り付いていてもわかりません。食べた後に苦しみと痛みに襲われるというのです。確か、薬はありません。菌が全て体から出るしかありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です