自然免疫力とは、地球上のあらゆる生物に備わっている防御システムです。

からだの外部から侵入してきた病原体など、異物を攻撃して健康を守る免疫システムには、「自然免疫」と「獲得免疫」という2つの種類があります。

まず自然免疫を担当するのが、病原体などを食べる細胞で、ナチュラルキラ-(NK)細胞をはじめいくつか存在しますが、主役といえるのがマクロファ-ジです。からだの中をアメ-バ-のように動き回りながら、異物をむしゃむしゃ食べて排除する

マクロファ-ジ-は、貧食細胞とも呼ばれています。

自然免疫は、人間だけでなく地球上のあらゆる生物に生まれながらに備わっている基本的な生態防御システムです。

風邪をひいたときに薬を飲まなくても治るなど、自然治癒力が発揮されるのも、

自然免疫が働いているからです。一方、獲得免疫の仕事は、病原体の情報をキャッチし、病原体を効率的に排除すること。リンパ球のB細胞やT細胞が主となって活躍し、樹状細胞やマクロファ-ジ-などから病原体の情報を受け取ると、これに負けないための抗体やキラ-細胞を作り出します。

病原体の構造を記憶することで、一度かかった病気には罹りにくくなったり、

たとえもう一度同じ病気に罹っても治りが早くなります。マクロファ-ジ-は、病気にかかってからではなく、かかる前に働いて健康を守る予防医学というカンテンからも重要な細胞郡です。さらにいえば、マクロファ-ジ-は感染症予防を超えて健康を維持する重要なシステムを担っています。

マクロファージが体内のゴミを大掃除

ほこりからがん細胞まで食べ尽くす働き者

 

自然免疫の主役であるマクロファージは異物を自分の体内に取り込み酵素にとって分解、処理を行います。そして、取り込められる異物は外部から侵入してきた病原体だけに留まりません、PM2,5などほこりのような無機物から、人間の体内で死んだ細胞、変異したたんぱく質、酸化したコレステロール、そして変異した細胞、つまりがん細胞などもむしゃむしゃと食べるようにして処理することができます。

SAYA151005158392_TP_V

マクロファージは体内にある不必要なあらゆるゴミを掃除してくれる存在。

もし、マクロファージの働きが著しく低下してしまったら、体内はゴミで溢れかえることになります。そして、それらのゴミによって様々な病気が発生することになるでしょう。健康を守るために、マクロファージがどれほど重要な役割を果たしているかわかるはずです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です