腸内環境を改善する方法は?

腸内環境の悪化が最近の若者に急増しているらしいです。
その主な原因は

  • 運動不足
  • ストレス
  • 高脂肪
  • 低繊維食
  • 不規則な生活

が関係しているようです。
これらは、腸の運動を悪くしますし
腸内環境を悪化させ自律神経の働きを鈍くさせる要因だそうです。

この事から分かるように
腸内環境の悪化を防ぐには、まず生活習慣を見直す必要があるのではないでしょうか。

特に、食生活の改善は必須です。
腸の状態は食べたものに左右されるからです。

どのように食生活を改善できるでしょうか?

FCFG100155839_TP_V

食物繊維を多く含んだ野菜やキノコなどを
たくさん摂ることです。
食物繊維は腸の健康に欠かせない善玉菌の”エサ”になるからです。

他方、肉類は腸内環境を悪くしてしまいます。
これら動物性食品(動物性蛋白・脂肪)は人の持つ酵素で分解できません。
※酵素とはタンパク質の一種で私たち人間にはなくてはならない物質です。

でも悪玉菌はそれら(動物性蛋白・脂肪)を分解できるので
大腸で悪玉菌の”エサ”になってしまうのです。
結果として、悪玉菌が増加します。

悪玉菌が増えれば体に不調を訴えますから
悪玉菌に”エサ”を与えないような食生活を心がけたいものですね。

食生活が欧米化している昨今、すぐに食環境を変えられないかもしれませんが
意識的に”和食”にシフトすることで食生活を改善でき
悪玉菌を減らし善玉民を増やすようにして
腸内環境を改善していきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です