熱中症! 過呼吸は、医師の診察が必要です!早い対応をしてください!

最近の夏の季節は、35℃以上が続く毎日です。

外に出るのも嫌になるこの頃ですが冷房が効かないところで活動するのは危険と言われています。

熱中症の症状と同じくして過呼吸がでます。

発症者が苦しくしていることは、症状が重いのか精神的なパニックを起こしていることも考えられます。

 

ただ、息遣いが激しいだけではなく手足のしびれや頭痛なども起こると言われます。

c82f8df7467c478cce9dcb07ba24fcbc_s

この症状が起こる前に不安感があるのではないでしょうか。

食欲がなくお腹が痛いとか、なんだかわからないが激しい怒りやぞう悪感が生まれたりしてはいませんか?

悪化すると立っている事は不可能になり動悸・胸の痛み、締め付けられるような感覚に襲われます。

めまい・失神・頭がぼんやりし・痙攣などが起こると言います。

痙攣までが起こった場合は、医師の処置が必要です

すぐに、救急車を呼び病院へ搬送しましょう。

802f478894f5c15a2506130411b7725f_s

最悪は、意識が無くなるケースがありますので注意してください。

 

過呼吸が起こった場合、どうすればいいのでしょうか!?

声掛けなどをしてパニック状態を落ち着かせましょう。

鼻から吸って口から吐く事を教えて下さい。

‚呼吸がうまくできない時には紙袋再呼吸法で二酸化炭素を吸わせてください。

ƒ救急車を呼び医師の診察を受けて下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です