熱中症にならないために!食事!に、アクセントをつけての料理が一番

熱中症にならないためには、毎日の生活習慣を改善、注意しなければなりません。
ポイントは、バランスのよい食事摂取と言われています。
夏は、外気温が上がり嫌でも体の体温があがります。

体温が上がれば体力も減退し汗により水分や塩分が減少します。

暑さにより食欲も減退し栄養不足になります。

この状態で、生活していれば間違いなしに熱中症になります。

77e15a88b0d85956c1cff3c6a25ffb86_s

 

食欲が低下していれば、いつもの食事にアクセントをつけてみませんか!?

味に、香辛料や酸味などをつけたり冷たい感じをだすことです。

他にもカレー粉、わさび、唐辛子、しょうが、レモンなどがあります。

温かい物も必要です。

夏に温かい物とんでもない!?と言われますが、その後に体を冷やす食べ物を食べて下さい。

トマトときゅうりです。

野菜は苦手と言われればスープなどを冷たいスープに変えることもいいですよ。

 

必ずしていただきたいのが、朝食を食べる事です。

509de29c7d32d41f71472cbce6e1f4a9_s

食べている方は、当たり前と言われることが多いいと思います。

熱い朝や昨日からの疲れが取れないと食欲はなくなりますよね。

何か口にすることをしてください。

自然物での食べ物を推進してきましたが食べてくなければ無理に食べると嘔吐の危険性があります。

ウィダーゼリーのような冷たくし栄養のある物を食べて下さい。

胃や腸は、最初に来た食物の栄養を吸収し活動しますので、朝一番の食べ物はコップ1杯の水でも貴重です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です