暑い夏には熱い食べ物が最適なのです

暑い時期には、冷たい清涼感のあるものがとりたいですよね。
でも、夏バテは「冷たいもの」のとりすぎからって知ってましたか?
「暑い夏には熱い食べ物が最適なのです」
その理由とは?
暑気払いの本当の意味

梅雨明けの時期、同僚や友人達とビアガーデンなどで「暑気払い」しますよね。

summer-1558913_640

飲み会の一つの定番ですが、これは実は間違いです。
元々は、体を冷やす効果的な食べ物や飲料・漢方や薬などで、体に溜まってしまった熱気を払う意味があります。

昔は、冷たいものというよりは薬湯のようなものが普及していました。
江戸時代から明治にかけては、「琵琶葉」というびわと桃の葉を煎じたものが、また「甘酒」も辻売りされていたといいます。
江戸時代の人々の方が、「体に良いものが何か」よくわかっていたということになりますね。

冷たいものは夏バテの原因

TSU853_natumaturi_TP_V

夏に外気にさらされた場合、体の表面は熱を持って乾燥気味になっています。
そしてのどが渇き、冷たい清涼感のあるものが欲しくなります。
体内が水分不足ではないのに、清涼飲料を飲んでしまうことになるのです。

そして、汗をかかない状態が長く続くことで、体の表面の皮膚や粘膜は乾燥状態になって水分が欲しくなるのです。
でも、体内では逆に水分の過剰が起こっています。

そして、常に「だるい」「むくんでいる」「食欲不振」「冷房が寒すぎる」「湿疹ができる」等々の、症状が続くようにもなります。

体内に余分な水分が溜まってしまうことで冷えてしまい、胃腸などの内臓にも悪影響が出てやがて夏バテ状態におちいります。
熱いものとは?

ではなぜ昔から、「暑い時期に熱いものをとること」と言われて来たのでしょうか。
昔は冷蔵庫も冷房もありませんでしたから、体内を冷やすことができたのはごく一部の裕福な人だけでした。

富士山の氷穴から氷を運ばせた、というのですから大変なことです。
庶民は暮らしの中の知恵から、熱いものをとることで体内を熱して汗をかき、汗の蒸発で体表温度を下げていたと考えられます。
内臓を温めることで臓器は活発に働きますから、むくみはとれ、疲労回復になったということです。

無理に熱いものをとるのではなく、ともかく冷たいものをとった後で少し落ち着いたら、次は熱いお茶などをとるように気をつけましょう。

a0002_006633
熱くなくとも、常温でも冷たいものよりはずっと効果があるそうですよ。

夏場だからあえて「熱い料理を食べる」という「暑気払いの方法」も考えてみましょう。
飲み物よりは量も多く、しっかり体内を温めることができますから、汗をかきながら食べる料理はおススメです。
栄養的にもよいものを選んで食べることができれば、さらに効果的です。

しょうがの効いた炒め物や、夏のおでんなどの鍋もの、焼肉など「とても暑い夏には食べたくない料理」を試してみてください。
体の芯を温めることで、夏バテなどの体調不良が飛んでいってしまいますよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です