夏バテ!食欲がわかない!?に打ち勝つには、さっぱりした料理でUP!

夏になると食欲は、減退しますね!

逆に増す方もいるかもしれませんが、減退することは夏バテと言われる症状になってしまったことです。

脳の視床下部が食欲を管理する臓器ですが空腹感を起こすと言われる摂食中枢と満腹中枢の調節によって空腹感や満腹感を感じると言います。

夏には、料理を工夫してでも食べなければ栄養が不足しもっと体調不良が起きるとも言われます。

5aaa7bf460868a2798ec41e06afba12d_s

食欲が進む演出をしませんか!?

アイスクリームや味が濃く塩分が豊富な物では体を冷やし、水分が塩分により多く排泄されてしまい脱水や冷たい物が臓器を冷やし稼働しなくなります。

これでは、体調を悪くすことになります。

冷たい物や体を冷やす素材ではいけません。

食材は、常温でも味付けや調味料などを工夫することが重要です。

 

目で涼しさを感じましょう。氷や水、緑の葉などを食材に飾るなどいいかも知れません。

557f46f7e24ed8fff1205746510489d8_s

また、水色のクロステーブルや竹で作られた箸置きなどいかがですか。

味も酢などを使ったさっぱりとした物。

肉類も温かい物ではなく豚肉のしゃぶしゃぶで胡麻はお子さんや大人は、ポン酢などで食欲を増してください。

 

ちょっとアクセントにカラシや七味などを入れるのも手ですよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です