夏バテ予防! 食事に隠されている秘密! これを知れば、夏バテは解決!?

暑い夏が始まっているこの頃です。

毎日30度の日々が続きます夏バテ状態かと思います。

こんな時に、一番が食事で回復といわれていますが何でもいいから食べればと言うわけにはいきません。
どんなものを食べれば夏バテが、解消すらかご紹介いたします。

やはり夏と言えばうなぎですよね

eel-645641_640

ビタミンB1が豊富で、疲労回復にはもってこいです。

他にも豚肉、たい、ぶり、大豆、玄米、ほうれん草などがあります。

ウナギと同じくにらやにんにくが夏にはいいそうです

ニンニクに入っているアリシンは、ビタミンB1を吸収しやすく効果かが持続できるといいます。
他にもねぎ、玉ねぎなどがあります。

夏に酸っぱい食べ物がいいと聞きます

酢の物など疲労回復には盛ってこいといいます
酸っぱい食べ物と言えば、梅干し、レモン、グレープフルーツなど色々なものがあります。

これらには、クエン酸が入っていて疲労物しつである乳酸を分解排出します。

ナイアシンと言う物質がビタミンB1と同じく疲労回復効果があります

sardines-1489630_640

豚レバー、たらこ、アジ、サバなどに含まれています。

ナイアシンが足りなくなれば、慢性的に疲労を感じ精神的に不安定になります。

まとめ

夏の熱い時期は、ともかく何をしても無理です。

体力の回復を考えてラーメン、餃子ではなくバランスのとれた食事や室内での運動で体力UPをしましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です