夏バテ予防とエアコンの関係

#夏には、必需品のエアコン

外は熱い外気で高温注意情報が最近は発令するぐらいの熱さです。エアコンの下では心地良い涼しさで気持ちがリラックします。

もうここから離れたくないと思いますよね! 実は、これが夏バテを起こす落とし穴なのです。

熱い夏! 外気などにはあたりたくはありません。エアコンが効いた部屋でのんびり過ごしたいのはだれしもの願いでしょう! だが、そこを何とかして夏の外気にあたる様にして下さい。

 

#人間には、環境に対する神経があります

f651f5d6ba7909f19aba0ac0d9624a93_s

1日中涼しいエアコンの下にいて熱い外気へでると自律神経が夏の外気温とエアコンの外気温がわからず頭痛・肩コリ・不眠・食欲不振などのおかしな症状を起こします。これらは、自律神経の乱れで起こる症状です。外気温がわからなくなりエアコンの涼しい温度が適温と脳が誤認識した結果です。

たまには、熱いですが外へ出て太陽の光を浴びて下さい。

 

#クーラー病を、知っていますか?

71714899d7f9f12ee3a50bd26597f45a_s

自律神経の乱れによる症状の事をいいます。激しい温度差による体の疲労や発汗作用が低下する症状で疲労物質が蓄積します。冷えた食べ物や熱帯夜などの寝不足、不規則などの生活で起こると言います。

 

#まとめ

熱いなとは言へ、クーラーの下で1日過ごすのは夏バテを起こす原因です。少しでも熱い外気を体に浴びて発汗をしてください。夏バテ予防になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です