夏バテは、毎日の飲食や温度差が自律神経に負担をかけると言います!

夏バテじゃないですか?その症状!

暑い夏が徐々に続き、食欲がなくなり何だか体がだるくて、疲れも取れない。体調も悪くてこんな状態は夏バテじゃありませんか?もしかして、これが夏バテと言っています。

夏バテの症状には!

2a184d5603a055009dbc3e3fb7fa75c3_s

夏バテには、身体的な症状や精神的な症状自律神経の乱れが不調が起こります。

症状として次のような物があります。

倦怠感、食欲不振、下痢、便秘。暑いからと冷たい物を飲めば胃腸の働きが悪くなって下痢や便秘を起こし夏バテ症状がひどくなります。立ちくらみ、めまい、むくみ、微熱、吐き気、イライラ、無気力

 

冷房も夏バテの原因!

7c3ae965843c72f04ad7b63dba97b043_s

夏の猛暑にかかせないのが、冷房です。高温の外気から冷房の室内に入るととても快適です。真夏の日中は外に出たくありませんよね。だけど長い時間冷房が効いた室内にいて高温の外へ出ると自律神経が、冷房の効いた部屋の温度に体が慣れてしまい外へ出た瞬間体が熱いのか涼しいのかが自律神経の乱れにより判断できなくなると言います。

夏バテ解消するには!

夏の時期は冷たい物がおしいですが多く飲食をしていると体が冷えてしまい冷房と同じで自律神経が乱れてしまいます。温かい物を飲食したりする事を多くして下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です