夏バテが起こるのは、日常生活の飲食が問題! 注意すれば問題なし!?

夏バテは、日頃からの生活状況で予防できます。予防法について、ご紹介します!

温かい料理を食べるようにしましょう。

冷房や冷たい飲食ばかりでは体が冷えて自律神経がおかしくなります。

おかずの品数を増やして下さい。

9ba99fca6a8db94237a3f588e63ec9ba_s

夏はめんどくさいからと麺類や果物やアイスなどを多く食べると思います。きちんとした食事をせずにいれば暑さでビタミンが消費され不足し疲れがさらにひどくなります。野菜などの栄養バランスを考えて食事をしてください。

冷たい飲料水は注意!

7ee1b6084f7d9389f01893ef072bb8b8_s

冷たい飲み物は夏には最適です。特にビールはガブガブいけますよね。利尿採用も活発で水分が減り胃腸などの活動が緩慢になります。

水分は多めに!

汗をかくのはいや! 臭いがでるから不快になる! 汗は、体の熱を冷ます機能があります。水分を控えると脱水症状がおこりめまいや立ちくらみが起こります。

お風呂に入りましょう

暑いからシャワーではいけません。必ず浴槽に入る事をしましょう。シャワーは、皮膚の表面しか温まらず睡眠にも影響がでてしまい疲れが抜けなくなります。浴槽に入る事は、確かに暑いですが体の芯(腸)まで温まり寝る時睡魔が訪れ快眠となります。

 

まとめ

快適に過ごすには、毎日の生活の中で少しずつ注意すれば予防し暑い夏も過ごせます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です