保存版!便秘の原因と改善策リスト。


ツライ便秘、改善をするためには原因を知らなければなりません。

改善策とセットで、あらゆる原因を集めました。
あなたがどのような原因で便利になってしまったのか、思い当たるものを探してみてください。

原因を知って正しく対処すれば、便秘はきっと良くなります。

水分不足

出典:ぱくたそ

水分が不足していると、便に含まれる水分が少なくなり便が硬くなってしまいます。
排出しにくい硬い便が便秘の原因になってしまうのです。

また、水分不足により便のかさが減るため、腸が刺激されにくくなり便秘になりやすくなるのです。

改善策

水分を十分に摂取しましょう。
1.5リットル以上が目安です。

特にダイエット中は食物に含まれる水分を十分に摂取できないため、意識して水分を摂取する必要があります。

汗をかきやすい夏は食物繊維と水分がふんだんに含まれているスイカを食べるのが効果的です。

ダイエット・小食

出典:ぱくたそ

十分な食事を取らないことにより、腸の動きが不活発になってしまい排出が促されなくなります。
また、水分不足や腸周りの筋肉の減少、野菜不足による食物繊維不足、ダイエットによるストレスの影響などが考えられます。

改善策

便秘になってしまうと、逆に痩せにくくなってしまいます。
急激なダイエットは控え、水分や食物繊維をたっぷり摂取し、その他の栄養素もしっかり摂りましょう。

運動不足・筋力の低下

出典:ぱくたそ

運動不足により筋力が低下すると、便を腸から肛門へ押し出す力が弱まり便秘の原因になってしまいます。
腹筋を含めた、腸周りの筋肉すべてが重要なのです。

また、運動をすることにより腸が刺激されて排便を促すことができたり、ジョギングなどのリズム運動で自律神経を調整して便秘を改善することができます。

改善策

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。
ジョギング・エアロビなどはリズム運動なので自律神経を整えるのに効果的。

ヨガなどのリラクゼーション系も自律神経を整えます。

腸に刺激を与えるために、腰をひねる運動もおすすめ。

猫背・骨のゆがみ

出典:ぱくたそ

猫背は内臓を圧迫したり、内臓の位置を下に押し下げてしまいます。

そのため、排出機能が十分に働かなくなったり、腸内環境の悪化により便秘になってしまう原因になります。

改善策

背筋を伸ばし、正しい姿勢で生活をしましょう。
最初はツラく感じても、そのうち筋肉が発達して(筋肉の持久力がつく)楽にキープができるようになります。

また、パソコンやスマホで作業をしている時に猫背にならないよう気を付けてください。

食べ過ぎ

出典:ぱくたそ

食物を消化するのは、実は体に負担がかかるのです。
消化能力を超えるほど食べ過ぎてしまうのは、便秘の原因となってしまいます。

改善策

食べる量を控えるか、消化に良いものを増やしましょう。
思い切ってファスティングをするのもおすすめです。

食物繊維不足

出典:ぱくたそ

便のかさを増やしたり、腸内環境を改善する食物繊維が慢性的に不足することにより、便秘になりやすくなります。

改善策

根菜、きのこ、玄米など、和食にはふんだんに食物繊維が含まれています。
食生活を和食中心に改善していきましょう。

腸内環境の悪化

出典:ぱくたそ

コンビニ弁当やファストフードばかり、肉ばかりの食生活で悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなり便秘の原因になります。

改善策

野菜、海藻などを中心の食生活に変えましょう。
善玉菌を増やし、腸内環境を改善するために優れた「菌ちゃん農法」で作られた野菜もおすすめです。

便意を感じない

出典:ぱくたそ

便意を我慢することが多かったり、下剤を常用してしまうことにより便意を感じにくくなってしまいます。
そのため、脳が便意を伝えず便秘になってしまうのです。

改善策

少しでも便意を感じたらトイレに行く習慣を付けましょう。
下剤に依存をしている場合は、医師に相談をして依存から脱却をする必要があります。

自律神経の乱れ

出典:ぱくたそ

自律神経が乱れて副交感神経の働きがにぶると、腸や消化器がうまく働かなくなってしまうことがあります。
副交感神経が優位の時に消化器が活発に働きます。

ストレスで緊張ばかりしている、運動不足や食生活の乱れ、生活リズムの乱れや日光に当たらずに生活をしているなど。
様々な原因により自律神経が乱れます。

また、仕事をしながら食事をせず、リラックスができる環境で食事をとることにより、食物を消化しやすい状態が整います。

改善策

自律神経を見出している原因を探りましょう。
ストレスの原因を取り除く、生活改善を行うなど、原因にあった改善が必要となります。

腸のねじれ・歪み

出典:ぱくたそ

腸がねじれてしまっていると、ねじれの部分が狭くなり内容物が滞ってしまいます。
そのため、腹痛や便秘の原因になります。

改善策

エアロビクスなど、腰をひねる運動を積極的に行いましょう。

内臓が下がっている・胃下垂

出典:ぱくたそ

胃下垂などで腸が下がると、押しつぶされた部分が狭くなり、腸内の内容物が滞ります。

改善策

暴飲暴食・筋力の低下などが原因で胃下垂になることがあります。
暴飲暴食を控え、腹筋のエクササイズを行いましょう。

冷え

出典:ぱくたそ

冷えが便秘の原因になることがあります。
冷えにより血行が悪くなると、内臓・腸の動きが鈍くなります。

改善策

冷えないよう、特にお腹を温めましょう。
毎日湯船につかることも非常に大切です。

体を温めるジンジャーティーや食品を積極的に摂取するのも効果的。

冷えや腸内環境などを同時に改善できるお茶も非常におすすめです。

ホルモンバランスの乱れ

出典:ぱくたそ

女性はホルモンバランスが乱れやすく、ホルモンバランスの乱れにより腸が不活発になったりガスがたまったりしてしまうことがあります。
そのため、便秘の原因になってしまうのです。

改善策

食生活や生活リズムなどを正し、ストレスをためないことが肝要です。

リンパの滞り

出典:ぱくたそ

リンパの滞りは内臓の機能を弱らせ、便秘の原因のひとつになります。

改善策

お腹まわりをさすったり、ゆっくりとした腹式呼吸をすることにより腸リンパ節の滞りを改善することができます。
特に腹式呼吸は効果が高いのでおすすめです。

添加物による影響

出典:ぱくたそ

防腐剤などの食品添加物の影響によって、便秘などの体調不良が引き起こされることがあります。
日本は食品添加物が多く、非常に影響の出やすい食生活をしている人が多いのです。

改善策

コンビニやスーパーの調理済み食品ではなく、可能な限り自炊をして食生活を改善しましょう。
食生活を改善すれば腸内環境も良くなっていきます。

薬の副作用

出典:ぱくたそ

薬の副作用で便秘になってしまうことを「薬剤性便秘」と呼びます。
咳止めの薬や向精神薬、抗うつ剤など、副作用のある薬を服用している場合、原因のひとつとして考えられます。

抗生物質製剤
抗がん剤
不整脈用剤
血圧降下剤
抗うつ薬
向精神薬
抗てんかん剤
カルシウム拮抗薬
咳止め
鎮痙剤

など、副作用で便秘になってしまう可能性があります。

改善策

乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維、水分を十分にとって排出しやすいように改善していきましょう。

病気が原因によるもの

出典:ぱくたそ

病気が原因で便秘になってしまうこともあります。

考えられるのは主に以下の病気です。

子宮筋腫
卵巣のう腫
子宮内膜症
過敏性腸症候群
自律神経失調症
大腸ポリープ
大腸がん

改善策

医師の診察を受け、指示に従いましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です