便秘の3つの原因と今すぐ出したいけどやってはいけない便秘解消法


(出典:ぱくたそ)

 

女性の悩みの中でもトップ3に入ってくるのが、『便秘』ではないでしょうか。

もちろん、男性でも便秘に悩んでいる人もいますし、僕自身も昔は便秘に悩んでいました。

 

今はスッキリと1日1回はトイレに行って排便しますし、いい感じのものが出れば「なかなか大物が出たな」と嬉しくなります(笑)

しかし、便秘だった時はずっとお腹の調子も悪いし、排便感があってトイレに行ってもなかなか出ないなど、イライラすることも多かったです。

毎日食事をする(体内に入れる)のであれば、排便をする(体外に出す)のもセットでなければ体はおかしくなりますので、当然のことですね。

 

ですが、実際に便秘に悩んでいる人は多く、その数は数百万人にもなるそうです。

そのため今回は「便秘になる原因」「こういう便秘に要注意」という2つのテーマについて話していこうと思います。

 

 

便秘には3つの種類があり、対処法も異なる

 

(出典:ぱくたそ)

 

便秘の一番の原因は、便が腸の中を進んでいく中で水分が失われていき、便が硬くなるのが原因です。

そのため「便秘にならないために水を2リットル飲もう」と言われています。

しかし、ただ単に水を2リットル飲めば便秘が解消するかというと、残念ながらそう簡単にはいきません。

 

なぜなら、便秘の種類によってはその対処法も異なるからです。

水を2リットル飲むというのは、あくまでも「ある特定の便秘にのみ有効な手段」です。

 

主な便秘の種類は以下の3つです。

1:弛緩性便秘
2:けいれん性便秘
3:直腸性便秘

この3つがおそらく一番多いでしょう。

 

「1:弛緩性便秘」は、大腸の運動が低下により便が長い間ずっと大腸内にいることで、必要以上に水分が吸収されて便が硬くなることで起こります。

特に女性や高齢者に多い症状で、この便秘には水を2リットル飲むという対処法が有効です。

それ以外にも「運動をする」「食物繊維を摂る」など一般的に便秘解消法と言われるのは、この「1:弛緩性便秘」へアプローチするためのものです。

 

「2:けいれん性便秘」は、過度の緊張で腸内の運動が不規則になることで起こり、便秘や下痢を引き起こします。

例えば、結婚式のスピーチとか大人数を前にしてのプレゼンなどの直前にお腹が痛くなることってありますよね?

こういった精神的ストレスや環境の変化によって起こるお腹の不調が「2:けいれん性便秘」です。

 

「3:直腸性便秘」は、腸内に便がやってきても便意を起こすセンサーがおかしくなっている状態です。

この状態になると便が排便されずにずっと腸内に残って停滞してしまい、「お腹がスッキリしない」「ずっとお腹が張る」といった症状を感じるようになります。

普通なら腸内に便がきてそれが限界に達すると、我慢していても自然と肛門が緩んできますが、習慣的に便意を我慢している状態が続くと神経やセンサーが鈍って、便意を催さなくなり、ずっと腸内に便が溜まってしまいます。

これも女性に多い便秘の症状の1つです。

 

 

即効性重視な便秘改善法の注意点

 

(出典:ぱくたそ)

 

この3つの便秘が複合的に起きている場合、よくある「水を2リットル飲もう」「食物繊維を摂る」という単独の解消法では、思ったほどの結果を得ることは難しいです。

そして、なかなか解消しない便秘に対して、「便秘薬」や「センナ茶」を使おうと思ってしまいますが、それを使うのは少し待ってください。

 

「便秘薬」や「センナ茶」は確かに排便を促し、困っている便秘を解消してくれるかもしれません。

しかし、これらは「強制的に排便を促している」ので、習慣的または常用的に使っていると、「それなしでは排便ができない体」になってしまいます。

 

適切な例えかどうかわかりませんが、お父さんが一切家事をせず、いつもお母さんにやってもらっていたとしましょう。

もう子どもも独立して2人で過ごしていたけれど、お母さんが事故で入院することになった。

すると、お父さんはこれまで何十年も自分で家事をやってこなかったので、自分の家にも関わらずご飯が作れないなど、普通の生活すらできなくなります。

その結果、酷い場合ならお母さんがまだ十分に動けないのに、「早く退院させてくれ」と言うケースもあるみたいです。

 

少し話が横道に逸れてしまいましたが、「便秘薬」や「センナ茶」を使うというのはこのお父さんのような状態になるのと同じです。

どうしてもという緊急時に使うことは否定しませんが、毎日使うのはオススメできません。

 

 

3つの便秘へ一度でアプローチ!

 

(出典:ぱくたそ)

 

では、どうやって便秘を解消していけばいいのでしょうか?

日常生活でできる便秘対策は「水分をしっかり取る」「食物繊維を摂る」「運動を適度にする」「ストレスを溜めない」「腸内環境を整える」などです。

ただ、正直なところ、これを全部するというのは大変です。

 

そこでオススメしたいのが『美健麗茶』です。

この美健麗茶は便秘解消をサポートする30種類の原料が含まれていて、飲むだけで便秘を解消し、快適な腸内環境にするアプローチをしてくれます。

 

例えば「キャンドルブッシュ」「オオバコ」は豊富な食物繊維が入っています。

「ルイボスティー」は腸内環境の正常化の働きがあります。

「カミツレ」は神経をリラックスさせ、ストレスを軽減してくれます。

 

他にも様々な原料があり、これらが先ほど挙げた3つの便秘全てにきちんとアプローチしてくれるので、「頑張っているのにあまり変化がない」ということを防げますよ。

 

 

便秘解消は肌荒れを改善し、美肌を作る

 

(出典:ぱくたそ)

 

僕は20代の頃、便秘に悩んでいました。

その当時はストレスからかお菓子を食べることも多く、ファミリーサイズのお菓子を1日で食べることも普通でした。

しかし、便秘で全然排便がありません。

 

その結果、ニキビや肌荒れがかなり酷くなり、男性ですがスキンケアも色々と試しました。

ですが、肌はボロボロのカサカサで、ヒゲを剃ればいつもどこか切れて血が出るなど、肌環境は最悪の状態でした。

ところが、便秘が解消すれば肌はみるみるキレイになっていき、知人の中年女性からも「この子は男なのにめっちゃ肌キレイやろ」と言われるようになりました(苦笑)

 

便秘というのは単に便が出ないという苦しさだけでなく、女性なら肌荒れなど別のストレスの原因にもなります。

ですので、腸内環境を改善し、きちんと排便できるようになれば、それは美肌にも繋がります。

腸内と肌というのはそれくらい密接な関係があるので、便秘を解消することは女性のもう1つの悩みである美肌にも良い影響を与えるでしょう。

 

そして『美健麗茶』は、そんなあなたの悩みを解消する力強い味方になることを約束します。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です