便秘と「さよなら」するには食べ物から

年齢や体質、あるいはそのときの体調などの理由から、人によってベストな便秘解消法は異なります。便秘で悩む人のなかには、今までに薬やサプリ、運動などさまざまな工夫をしてきた人もいるでしょう。

今回は、毎日の食生活を見直すことで便秘を予防、そして解消する方法を紹介します。

♯便秘になりやすい食べ物

barbecue-1836053_640

便秘を防ぐためには、食べ物について知ることが大切です。慢性的な便秘に悩んでいる人は、どのような食べ物で便秘になりやすいかを自分なりに把握しておくとよいでしょう。

そうすれば、食事の際に意識するため、控えられるようになります。また、甘い物が好きな人は、糖分のとりすぎに注意が必要です。

糖分が胃腸の働きを弱めてしまうことにより、便秘を引き起こす可能性が高くなります。

さらに、体を冷やす作用がある食べ物も便秘になりやすいといわれています。

体と同時に冷えることによって胃腸の働きが弱まってしまうからです。

したがって、サラダなどの生野菜を食べることは体を冷やすため、便秘につながる場合があります。

野菜を食べるのであれば、根菜類など繊維質が豊富で、しかも体を温めるといわれている野菜を積極的にとるようにするとよいでしょう。

体を温めるのは健康のためだけでなく、胃腸を温めて便通をよくすることと関係しているのです。

♯便秘になりにくい食べ物

potato-soup-2152254_640

便秘の解消を促すとされる食べ物は身近に多くあります。

そのなかで、まず挙げられるのは食物繊維や乳酸菌を含む食べ物です。

食物繊維は腸の働きを活発にするといわれています。特に納豆や大豆製品などは手軽に入手できる食材で、しかも、大豆製品は豆腐やおから、煮豆などバリエーションが豊富です。

1日に1回は食べるようにするとよいでしょう。

そして、乳酸菌を含む食べ物も、腸内環境を整える働きがあるといわれています。

ヨーグルトやキムチなどを毎日少しずつでも摂取することで便秘になりにくい体づくりに役立つことが期待できます。

さらに、これらの食材を組み合わせ、毎日飽きのこないように工夫しながら食生活にとり入れてみるのもよいものです。

たとえば、納豆にキムチ、またはヨーグルトにきなこを入れるなどいろいろなバリエーションを楽しみながら続けてみましょう。

♯即効性を求めるより地道な食生活の見直しを

便秘になると体が重く感じたり、肌が荒れたりなど、さまざまな体のトラブルに悩まされることがあります。

しかし、便秘をすぐに解消するために同じ食べ物ばかりを食べ続けると偏食になってしまいがちです。

継続するのは控えたほうがよいでしょう。

体に無理をかけず、自然に便秘を少しずつ解消できるような方法を選べば、毎日の生活を快適に過ごせるといえます。

また、ある日突然便秘になるのではなく、毎日の生活習慣や食生活の積み重ねが便秘になりやすい体をつくったという可能性も考えられます。

そのため、まず自分で便秘になりやすい、そして、なりにくい食べ物について知っておき、さらに試してみることが大切です。

ある程度傾向がつかめてきたら、好き嫌いもみきわめながらバランスよく食べる工夫をしてみるのがよいでしょう。

体に優しい方法を地道にしっかりと続けていくことで便秘と「さよなら」する食生活は、長い目でみると体にやさしい方法といえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です