人間にとって水分は、命と同じくらい必要な要素です。水分の割合は?

水分は、人間にとって大切な要素です。

人間の体には、約60%は水分でできています。年齢をかさむ事により水分は減っていくといいます。男性と女性を比べて女性の方が水分の割合が減っているそうです。

水分が、減ると体に異常をきたしてきます。できれば、こまめに補給するようしましょう。

  1. 水分が減ると!?

    drinking-water-filter-singapore-1235578_640

  よく、1~2日食べなくても大丈夫といいますが、水分はそうはいきません。

1日に必要な水分は、2000ml必要といいます。

水分が減ると血液がドロドロ状態になり酸素。栄養、ホルモンなどを運んだりしますが老廃物などを運び出すといいます。

  1. 体温の調整

体内の水分は、体温調整機能があります。例えば平熱は36~37℃と言われています。

もし、2度あがるだけで体調が悪くなり場合によれば、重篤な病気になると言えます。

  1. 内臓にも必要です

血液は腎臓を追加し、血液は綺麗にされます。腎臓の中で水の力と一緒に汚れた血液をろ過するわけです。汚れた水は、膀胱へ行き尿として排泄されます。

  1. まとめ

水分は、人間にとって重要な要素です。無くなれば命に関わり、減れば体調が悪くなると言う結論に達する重要な要素です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です