ビタミンCが不足するとお肌以外にストレスにも影響を…。

ビタミンCが不足すると私たちの身体にどんな影響を与えるのでしょう?

 

ビタミンには、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの2種類があります。

・脂溶性ビタミン:A.D.E.K
・水溶性ビタミン:B(B1.B2.B6.B12 など).C

があります。

今回は、この中の「ビタミンC」についてみていきたいと思います。
≪ビタミンCが不足すると「ストレス」にも影響する!?≫

私たちは、過度のストレスがかかってしまうと体内に取り込まれたビタミンCは
消費されてしまいます。

このビタミンCには…。

・ストレスを緩和する
・コラーゲンの生成を助ける
・抵抗力を高める など

といったはたらきがあります。

ストレス社会といわれる現代は、この「ビタミンC」を多くとることが大切なのです。

また、かぜ予防やお肌の健康のためにもかかせないですよね。

しかし、最近では、ストレスとの関係性や生活習慣病予防の面でも
ビタミンCが注目されているのです。

皆さんは”ストレス”と聞くと、どういうことを思いうかべますか?

悩みや緊張、怒りなどといった精神的な面にダメージをうけませんか?

でもすが、ケガをしたとき病気になったときに身体が受けるダメージも、
「ストレス」にはいるのです。

どのような形でストレスがかかっても、それらから身を守るため私たちの身体では、
さまざまな反応が起こります。

これらの反応を助け、ストレスを緩めるはたらきをするのが「ビタミンC」なのです。

なぜ、この「ビタミンC」がストレスを緩和させるかという詳しいことは分かっていませんが、
ある研究結果によると、ストレスがかかると、体内にあるビタミンCが消費されるということが
わかってきているのです。

また、ストレス以外にも、喫煙や飲酒、無理やダイエットなどによって
栄養バランスが崩れ、ビタミンCが消費されたり不足しがちになる人も多いのです。

今あげたようにビタミンCが不足すると…。

a0002_007559

・かぜをひきやすくなり、なおりにくくなる
・だるい、疲れやすい
・歯をみがいたとき、歯ぐきから出血する
・貧血気味になる など

といったことがみられるようになります。

<ビタミンCは、主にストレスやウイルスに対する抵抗力を高める>

ビタミンChは、私たちの身体の中でさまざまなはたらきをしています。

一.女性の方必見!コラーゲンをつくりだすのに関係している
そもそも「コラーゲン」とは、身体をつくるための組織の細胞と細胞を結合させる
タンパク質の1種。わかりやすくいうと「接着剤」のようなものですね。

このコラーゲンは、私たちの身体をつくるタンパク質の30%を占めており、
細胞と細胞をつなぐ結合組織や骨、血管、筋肉、各種器官などを丈夫にするタンパク質になります。

コラーゲンが細胞をしっかり固めておけば、かぜなどのウイルスが体内に侵入することはありません。

ビタミンCは、アミノ酸からコラーゲンをつくる時に役立つため、
これが不足すると、お肌の張りが失われたり歯ぐきなどの粘膜から出血しやすくなってしまうのです。

一.ステロイドホルモンの生成に関係している
私たちの体内で最もビタミンCが多くあるのは「副腎:ふくじん」です。

副腎とは、腎臓のそばにあるホルモンを分泌する器官をいいます。

少し詳しく書くと、副腎は…。

・皮質(ひしつ):ステロイドホルモン
・髄質(ずいしつ):カテコールアミン

がそれぞれ分泌されるのです。

ビタミンCは、この「ステロイドホルモン」に関係しています。

この「ステロイドホルモン」には、ストレスを緩和させるというはたらきがあrます。

一.病気に対する抵抗力をつける
ビタミンCは、血液中の白血球にも多く含まれています。

白血球は、体内に侵入してきた細菌やウイルスなどを攻撃するはたらきがあります。

感染症にかかると、白血球のなかのビタミンCが消費され、減少することから
ビタミンCには、白血球の機能を高めるはたらきがあるといわれています。

一.ストレスにもビタミンC!ステロイドホルモンが関係している!?
私たちの身体の中で最もビタミンCが多く含まれているのは「副腎:ふくじん」になります。

副腎とは、腎臓のそばにありホルモンを分泌する器官になり、
ここから…。

・副腎皮質(ふくじんひしつ):ステロイドホルモン
・副腎髄質(ふくじんずいしつ):カテコールアミン(アドレナリン・ノルアドレナリン)

という2種類のホルモンが分泌されます。

このステロイドホルモンンは、ストレスを緩和させるはたらきがあります。

また、副腎髄質殻分泌されるホルモン「カテコールアミン」の中のアドレナリンは、
ストレスがかかると多量に分泌され、脈拍を速めたり血圧や血糖値を上昇させ、
エネルギー供給をを整えストレスに対抗します。

このホルモンにもビタミンCは必要不可欠。

ストレスは、不安や緊張といった精神的なものだけではなく、
身体なもの(騒音や過労、睡眠不足、寒さ、暑さなど)に対してもストレスに感じるのです。

私たちの身体には、約1500mgのビタミンCが貯えられていますが、
さきおどあげたようなストレスがかかると、私たちが思ってる以上に
ビタミンCの消費は激しくなります。

1日に摂るビタミンCの量は約100mgですが、多めにとることをおススメします。

一.ガン予防にも効果がある!?
私たちが肉や魚を食べたとき、胃の中でタンパク質が消化されます。
この時、「アミン」という物質ができます。

この「アミン」と同じく、加工食品(野菜・果物・ハムなど)や飲料水に含まれる、
亜硝酸(あしょうさん)を取り込むことで胃の中でアミンが反応し、
「ニトロソアミン」という物質がつくられます。

このニトロソアミンとは、発ガン物質であることが実験結果で分かっており、
この物質は、胃以外にも口腔や食堂、腸、膀胱などの身体のあらゆるところでつくられています。

ビタミンCは、ニトロソアミンの合成をくい止める。というはたらきがあることがわかっています。

また、ビタミンCはコラーゲン(細胞同士をくっつける接着剤のようなはたらきをする物質)の生成にも関係しています。

コラーゲンの合成が促されることにより、細胞同士の結びつきが強くなり
がん細胞の増殖を抑える効果があるといわれています。

ビタミンC以外にも、ビタミンA.C.Eにもがん予防の効果があるため、
バランスよく組み合わせてとることをおススメします。

一.タバコを吸われる方、要注意!!ビタミンC濃度が低くなっている!?
私たちの身体の中には、1500mgほどのビタミンCが蓄えられておりそれをこえると
尿中に排出されます。

例えば、タバコを1日20本吸われる方は、貯えられるビタミン量が1000mgもしくはそれ以下に
減ってしまいます。

1本につき25mgのビタミンcが消費されます。

では、20本の場合はどうなるでしょう?(20本:500mg)

健康のためにも、タバコは控えましょう!!

C812_tabakonokemurimokumoku_TP_V

次に、女性のためのビタミンCについてみていきたいと思います。

<貧血に気になる方>

貧血と聞くとビタミンB12を思いうかべたり、女性に多い症状と思われるでしょう。
しかし、近年では、男性でも増えてきているのです。

貧血には、さまざまな種類がありなかには生命にかかわる貧血もあるのです。

ですが、代表的なものとして皆さんも耳にしたことがあるでしょう。

「鉄欠乏性貧血」が挙げられます。

この鉄欠乏性貧血の場合、原因としては、体内の鉄分が不足し赤血球が十分につくられないため
おこるとされています。

1日に身体から排出される鉄分は1mg。また、食べ物などから取り込まれ腸で吸収される量も1mg。
と、バランスよく保たれているのです。

ですが、ビタミンcが不足すると鉄分の吸収が悪くなり、血液をつくるはたらきが
低下してしまうのです。

では、どうしたら鉄の吸収を高めることができるのでしょうか?

ビタミンCを充分に摂ると、食事からの鉄の吸収を高めることができます。
吸収されにくい野菜の中の鉄もビタミンCによって吸収・利用率が高まります。

鉄欠乏性貧血で悩んでいるかの治療には、鉄剤が効果的です。

しかし、予防としてビタミンCをたっぷり摂ることが大切ですね。

<更年期障害で悩んでいる方は>

更年期は、閉経が近くなるにつれ卵巣の機能が徐々に低下をし最終的に閉経になるまでの期間、
女性ホルモンの分泌が低下していく準備期間ともいえます。

ホルモンの分泌が低下すると、自律神経にも影響を与えるため
さまざまな症状があらわれます。

また、閉経期には副腎皮質(ふくじんひしつ)から
女性ホルモンの代わりとなるホルモンが分泌されます。

このホルモンのはたらきにより、体への変調を少なくし更年期を乗り越えられる身体の仕組みに
なっていきます。

副腎皮質をはたらkかせるには、ビタミンCが必要不可欠になります。

<どうしたら効率よく取れる?それは、旬の野菜を食べること!?>

季節に応じた旬な野菜には、たくさんのビタミンCが含まれています。

また、ビタミンCはほとんどの野菜や果物に含まれており
私たち日本人は、摂取量の3/2を野菜からとっているのです。

このビタミンは水溶性ビタミンになるため、摂り過ぎたとしても余分なものは外へでていきますが、
熱や水に弱いため、調理をする際は、生で食べるか煮物かみそ汁などにして食べるといいでしょう。

ゆで汁などにもビタミンCが溶けだしているため、いっしょに食べるといいでしょう!!

このように、ビタミンCをとることで身体の中からキレイで健康な身体になります。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です