糖質制限ダイエットで便秘にならないための5つの方法

糖質制限ダイエットでは、炭水化物を制限するため便秘になりやすい傾向があります。

便秘を防ぐためには、注意すべきポイントが5つあります。

この5つを守りながら少し工夫をすることで、お腹もスッキリの快適なダイエットライフを送りましょう。

 

♯食物繊維を多めにとることでお通じを促しましょう!

salad-791891_640

毎日食べる主食の炭水化物、とくにご飯には糖質が多く含まれています。

したがって、糖質制限ダイエットでは、まず、ご飯を控える人もいるでしょう。

しかし、ご飯には便意をうながす食物繊維も含まれているため、これが不足すると便秘になりやすいのです。

こで、糖質制限中には、食物繊維を多く含む野菜などを意識して摂取することが大切といえます。

毎食ごとに生野菜やアボカド、オクラ、キノコ、海藻などをバランスよく食べるようにしましょう。

♯水分はこまめにしっかりと!

糖質制限ダイエット中に便秘になってしまいがちな原因はほかにもあります。

主食などを減らすことによる水分不足がそのひとつです。

1日に必要な水分量は、食事の水分を含めて成人で1.5~2リットルくらいといわれています。

そのため、水分は、水や利尿作用のあるカフェインが含まれない飲み物をこまめに、そして十分とることを意識して補給するのがよいでしょう。

♯発酵食品は便秘解消の強い味方!

yogurt-1039309_640

発酵食品にも、ダイエットのための糖質制限中の便秘解消を促す働きが期待できます。

発酵食品を食べることで、そのなかに含まれている乳酸菌が腸の中で増やした善玉菌により腸内環境が整えられます。

そのため、たとえば無糖のヨーグルトや納豆、味噌やキムチなど、いろいろな種類の発酵食品をとることがよいでしょう。

♯バランス良くとれば、脂質は便秘にも美容にもOK!

糖質制限をしているときに「油(脂質)」と聞くと、糖質と同様にとるのは控えたほうがよいものととらえる人もいるでしょう。

しかし、脂質は、体内の水分を逃さないようにする働きがあるので、不足すると肌のみずみずしさがなくなり、さらにニキビや肌荒れの原因のひとつにも考えられています。

また、肉類などに含まれている脂質は便をやわらかくしてくれる潤滑油の働きがあるため、適度にとれば便秘になりにくいのです。

そのほかにも、悪玉コレステロール低下などの働きに期待できる脂質の「オメガ3必須脂肪酸」は、エゴマ油や青魚などに含まれています。

このように、脂質はバランスをよく考えて食事にとり入れていきましょう。

♯生活習慣を見直してスッキリ!

girl-380621_640

糖質制限ダイエット中に便秘になって悩んでいるときは、普段の生活を見直すことも大切です。

食事で不足している栄養分を補うと共に、不規則な生活や運動不足も原因ではないかチェックしてみましょう。

また、ウォーキングなどの適度な運動を、無理なく生活に組み込んでみるのもよい方法です。

そのほかにも、ダイエットのために我慢しすぎた結果、溜め込んでしまったストレスが便秘の原因のひとつに考えられます。

そのため、毎日の生活にリラックスできる時間をとるなど、便秘予防に必要なことを意識しながら余裕を持って生活しましょう。
糖質制限の食事で便秘にならないためには食物繊維や発酵食品、脂質、それから水分を十分に、そしてバランスよくとり、さらにリラックスできる環境のなかでダイエットライフを送ることが大切といえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です