便秘の時こそ、朝ごはんで「おなかリズム」を整えよう

毎朝ちゃんとトイレに行けていますか?便秘で出たり出なかったり、ペースが定まらないと何だか不安ですよね。「おなかリズム」を整えることは、毎日の生活を快適に送るための第一歩。そのためには規則正しい食生活、特に朝ごはんと、運動、水分補給が必要です。

規則正しいリズムで、しっかり朝ごはん

体内の消化器系の働きから、食事から排泄までの時間は一般的に6~24時間程度と言われています。食べる時間が規則的であれば、排便の時間もおのずと決まってきます。前日に食べたものを、朝に便として排出することができれば理想的ですが、朝ごはんを食べたり食べなかったりすると、内臓の働くリズムが狂ってしまうため、排便のタイミングが不規則となります。
まずは生活リズムを整えることが大切です。その第一歩として、毎朝決まった時間に朝ごはんをとることを習慣付けましょう。

ちょっとの早起きでゆとりの朝ライフ

そうは言っても毎朝朝食を食べる時間がない、なんていう方もいると思います。まずは毎日ちょっとずつ早起きをすることを心がけましょう。15分早く起きるだけでも、朝ごはんを支度することは可能です。また、朝からゆとりをもって行動することで、良い一日のスタートが切れ、生活が充実してきますよ。
そのためにも良質な睡眠を取ることが必要です。ゆっくりお風呂に入って疲れを落としてから、ストレッチをして身体をほぐしておくと、副交感神経を優位にし、深い眠りにつきやすくなります。

温かスープでたっぷり水分

おなかリズムを整える朝ごはんのポイントは、温かいもの、そしてしっかり水分を取ることです。温かいものを取ることで内臓にパワーを与え、水分によって便を柔らかくします。両方を満たすために、朝ごはんにスープを取り入れるのが良いですよ。具材には根菜など、食物繊維が多く含まれるものを入れるとよいでしょう。
夜のうちに夕ごはんの支度と一緒に、翌日のスープの下ごしらえをしておくと良いでしょう。具材を切って軽く火を通しておけば、朝温めるだけで済むので、ゆっくり食べる時間を確保することができますよ。

爽快な一日のお供に、美健麗茶

しっかり朝ごはんを食べたら、さぁ活動開始です。いつも以上にきびきび動くことを意識しましょう。しっかり運動をして腸を刺激することも、健康的な排便には必要です。明確に運動の時間が確保できなくても、日常動作の姿勢や歩く時の手足の振り方を意識したり、エレベーターではなく階段を使うなどで運動の代わりになります。
そして、合間合間には適切な水分補給が重要です。美健麗茶をいつでも飲めるように用意しておきましょう。ホットでもアイスでも美味しく飲めるので、毎日の水分補給にぴったりですよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です