ストレスですか?痙攣性便秘の原因!やってはダメなこと!その症状!

毎日職場で怒られていたり。営業成績が上がらない。怖い先輩の指導がいやだと精神的なストレスが多く、生活環境で悪い場合に起こる便秘を痙攣性便秘と言います。

 

  1. 痙攣性便秘とは!

便秘と下痢が交互に起こしやすく、大腸の過剰な運動で下腹部に痛みを伴うそうです。

排泄する際にコロコロした便が、出てくるそうです。

 

  1. 原因とは!

過度なストレスは、交感神経と副交感神経のバランスを壊します。この神経が崩れると自律神経の乱れとなります。痙攣性便秘の原因となるのが自律神経が乱れることだそうです。

 

 

  1. 自律神経の乱れ

    IMARIC20160805310323_TP_V

自律神経が乱れると便秘になるという考えがあります。それは、どのような事でしょう。

自律神経は、代謝や消化に働く神経と言われています。腸は、自律神経の副交感神経が正常に機能しなくぜん動運動に異常をきたすといいます。自律神経が乱れて収縮が活発の状態になると痙攣したような状態になると言います。

 

  1. 過敏性大腸炎も痙攣です。

痙攣性便秘をそのままにすると過敏性大腸炎になるといいます。

これは、自律神経や過度なストレスが原因で起こるとも言われています。便秘薬や下剤はいっそうの痙攣性便秘を起こさせます。

 

 

  1. まとめ

便秘で、痙攣症が起こる事は大変だとわかっていただけましたか?

やはり便秘は、単なる便秘と考えずできれば医師の受診が必要と思われます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です