夏! 外気温と一緒に体温も上昇します! 汗のもととなる水分が必要です

夏は、外気の温度が高くなるため人間の体温も上がる傾向にあります。

ただ、外気の影響で表面体温が上昇していることが多くあります。

こんなに体が熱いのに病気かなと思い体温を測るが平熱!? どうして??? と思えれるかもしれません。

bb84343fc97e3e7676fd334a09c1d224_s

人間は、脳がこれ以上温度が高くなると体の中から水分をだして表面(皮膚)を冷やそうとします。

だが、体内の水分が低い状態だと汗などの冷却機能が異なり夏バテとなります。

 

自律神経は、体の体温調整に役立っています。

温度計の様な働きもあり外気が高いと感じれば熱いと寒いなと感じれば寒いとわかります。

人間は、5℃プラス、マイナスの温度差で感じると言います。

熱い外気のなかでの生活はだれしも嫌ですが、だからと言って1日中冷房の効いた施設の中で過ごし外へ出てすぐに中に入ったりと自律神経が、どうしたらいいのか???わからなくなると冷房病という最新の病気になり頭痛や動悸、頻脈、腰痛、肩コリ、手足の冷えなどが起こります。

7445fda5c21fa39c49adc8c8209bb409_s

多量のアルコールを毎日飲んだり、忙しいと水分の摂取をしないでいると汗が欠乏する可能性があります。

汗がでなければ人間は外気の体温にさらされていますから体温が上昇し熱中症 症状となり死にいたります。

水分は必ず摂取されることをお願いします。睡眠の次に大事な事ですから。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です