紫外線対策!ケアしないとしみやしわが多くなり老ける事間違いなし!?

肌の奥深くまでダメージを与えるシミとしわの原因となるUV-A派は4月から8月がピークと言います。

雲や窓ガラスも通り抜けやすい性質のため、曇りの日や室内、梅雨にいるときも要注意なのです。

 

#髪は体の中で最も太陽に近いと言われています。

Beauty woman portrait
Beauty woman portrait

髪が受ける紫外線の量は顔の約2倍以上と言われていますがそのまま夏を過ごすと、パサついてクシが通らなくツヤや、枝毛・切れ毛が発生するといったダメージが現れてしまう可能性になります。

 

UVケアアイテムには、UV-Bを防ぐ効果のあるSPFと、UV-Aを防ぐ効果のあるPAが記入されています。ついつい、SPFの数値気にしてしまうといいますが、日焼けを防ぐなら、UV-A対策ができるPAを優先するのが効果的と言います。

 

デイリーに日焼け止めを使用する際は、SPF25~35 PA++、アウトドアやレジャーであればSPF40以上PA+++以上と使うシーンに合わせて選びましょう。

以前のものに比べると、肌に負担が少なく塗り心地も格段に良くなっています。

 

#敏感肌であれば、特に日焼け止めはしっかり塗った方がベター。

815

日焼け止め=肌に負担だと思っている方が多いですが、最近の日焼け止めは敏感肌用に処方されているものもたくさんあるので、是非、自分に合う日焼け止めを探してください。

 

#まとめ

紫外線対策をしなければシミやしわが現れ老化が進むとも言われています。天気の日よりか曇りの日の紫外線が強くとも言われていますが、やはり1年中日焼け止めは必要とわれています。やはりしみが出来ないためには必要なアイテムでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です