曇りの日でも、紫外線は強烈です!

曇りの日の方が紫外線は強いなんて、聞いたことありますか。
「曇っていても紫外線は降っている」というのなら分かりますが…。
晴れの日の方が紫外線は強い

なんだか当たり前の話でごめんなさいね。
「曇っていても紫外線は決して弱ってはいない」「曇りの日には直射日光ではないので熱くは感じない」「晴れていないから安心して戸外で過ごす時間が長くなる」

ああ、それはわかるし、そんなことはありそう。
快晴の日の紫外線量が100%の場合、晴れの日は90%、薄曇りの日は60~80%で、曇りでも60%、雨の日だって20~30%。

流石に雨の日までは注意力は低くなるでしょうが、でも曇りの日のパーセンテージはかなりなもの。
安心できないどころか、「とても注意が必要」になるんです。

涼しくても紫外線対策は必要ですから、要注意です。

503894fa0dc0078930b9f0b695b48b0a_s
夜の紫外線は月が原因

月に反射した紫外線が、地球上に降っているとは知りませんでした。
敏感になっている人は、『エーっ、夜にも注意が必要なわけ!』と神経質になってしまいそう。

そんなことから言えば、蛍光灯からもごく微量な紫外線は出ているそうですから、気にしたらもう大変なことになります。
でも「殆ど紫外線は無いLEDに変更する」くらいは考えてもいいかも知れません。
晴れても曇っていても紫外線対策

日焼け止めも毎年新しく登場していますが、紫外線対策では当たり前すぎます。
最近の紫外線対策は、様々なグッズが登場しています。

日傘や帽子はもちろん定番ですから、黒い色でUVカット率の高いものを使用しましょう。

IMARI20160806220208_TP_V
サングラスも顔に沿って紫外線が目に届かないように工夫されたものがよいでしょう。
もちろん、メガネにはUVカットは欠かせません。

部屋の中まで進入する紫外線を防ぐには、ガラス窓にUVカットのフィルムを貼るという手があります。
自動車の窓にもUVカットガラスが採用されているこの頃。

ともかく、なるべく簡単で複雑でない方法で、紫外線対策に頑張ってください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です