日焼けは、女性の敵ですが!今年こそ焼かないためにはどうすれば!?

#実は知っていますか、曇りの日の紫外線の値が高いと言う事を!

快晴の時に比べると薄曇りの紫外線は約80~90%。曇りの場合は約60%。雨の場合は約30%の量になります。

 

曇りの日の紫外線は晴れの日の約7割程度。この値は注意が必要と思いませんか?

よく、曇りではないのですが雲と雲の間から出ている日が紫外線量の改正の日を上まわるとも言います。

#紫外線は、雲を突き抜けますよ!

d048c5c5c41898c0641d2b61c4435fe0_s

だが、これらの説には色々な諸説があります。

だから、どれが正しいとは言えません。

 

紫外線には、UVAやUVBがあります。

UVAは、雲を突き抜けて地上に降り注ぎます。

このUVBは、肌を火ぶくれにするぐらい強いと言われています。UVBは曇りでも強い値がでます。

ガラスも突き抜けて降り注いでくると言います。

 

#皮膚に紫外線があたれば黒くなりますが、真皮に影響がでます。

e8459959a8478269c764688a8e359f23_s

真皮はしわやハリに影響が出ると言います。

真皮は、壊れると簡単には再生できず困難になります。

 

やはり、紫外線ケアは色々とありますが日焼け止めを塗られて外出されることが良いと思います。

 

#まとめ

日焼け止めは、使う時に合わせてSPF・PAの数値を選ぶと言いそうです。

SPF・PAの数値は、高いほど紫外線の影響を受けにくくするといわれています。

真夏のレジャーで使う場合と、通勤・通学で使う場合では、適したSPF・PAの数値も変わってきますので、自分の使う場面や肌の状態を考えながら選ぶことをおすすめします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です