お茶は、昔から体に良いと言われる飲み物

お茶は体に負担が無い飲み物です。人気のある飲み物は、化学物質でできた成分と砂糖がこれでもかと言わんばかりに入っています。お茶なら不純物がなく体に入れても負担はすくないです。

どんなお茶があるかご紹介させていただきます。

 

1.緑茶

c1337303c510400e85b38635d423a9ae_s

お茶は、乳製品と同じく体調にあったお茶を選んで健康に対応できます。

緑茶は、カテキンが豊富で、高血圧、高脂肪症や悪性腫瘍などに効果がると言います。

他にも風邪などで口腔内が乾燥している時や更年期でイライラや体がほてっている時、むくみや消化不良、眼精疲労、視力の低下、めまいにも効果があります。

 

2.紅茶

a21a4da4797ebfa59fbaf4915e9c63c8_s

体を温め、風邪や吐き気を改善すると言います。

カフイン・ポリフェノ―ルで強い抗酸化作 用、抗菌、抗ウイルス、抗ガン作用があると言います。

体を温める作用があるといいます。風邪の引き始め、寒気を感じる時に飲んでほしいと言います。

冷たい飲み物はいけません。胃腸をあたため、吐き気や腹痛を緩和する効果がると言います。

3.ウーロン茶

 

ポリフェノ―ル、カフェインは、膵臓から分泌される脂肪分解酵素のリパーゼの活性化を抑え食後に血中の中性脂肪を増やす事を抑えます。

脂っこい食事を食べ過ぎたりすると余分な水分が排泄してくれます。

 

4.まとめ

お茶は、昔から体に良いと言われる飲み物です。

コーラや化学物質でできた飲み物とは違い自然の物だけで飲み物ですから体にはとてもいいですよね。老廃物を体の外に出して代謝を良くします。そうすればむくみもなくなり体がスッキリとしますよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です